2007年08月27日
FCCIライナー433号(8/25発行)目次

☆ 会議所の主な予定 ☆(8/27〜9/5)



☆ お知らせ ☆

 ○ 福山商工会議所「会員向けメールマガジン」購読会員募集中
 ○ 「平成19年夏季一時金要求妥結状況調査集計結果」についてお知らせ
 ○ 「第2回福山サミット」開催のご案内〜福山青年会議所からのお知らせ〜
 ○ 「経営資質向上セミナー」のご案内〜福山青年会議所からのお知らせ〜
 ○ 「広島県と物品の売買を希望される方へ」ご案内
 ○ 「ビジネスフェア中四国2008−中四国発!こだわり良品発掘メッセ−」出展企業募集のご案内
 ○ 「平成19年中小企業実態基本調査」にご協力を〜中小企業庁からのお願い〜
 ○ 「福山大学公開講座」のご案内
 ○ 「ふくふく」展示会のご案内
 ○ 「花さか倶楽部」講座のご案内
 ○ レディオBINGO"ハロー!商工会議所"水曜日に放送中
 ○ 福山商工会議所「後援事業」のご案内



☆ 会議所の動き ☆(8/15〜8/24)

 ※1 2007U・Iターン就職・総合就職相談会(8/15)《経営課》
 ※2 ものづくり体験教室          (8/21・22)《産業課》


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年08月27日
福山商工会議所の主な予定(8/27〜9/5)
行事名場所時間担当課
8/28新入社員フォローアップ研修当所102会議室9:30経営課
日商販売士2級検定試験養成講座当所2階会議室18:30産業課
8/30日商販売士2級検定試験養成講座当所2階会議室18:30産業課
9/3金融審査会当所議員クラブ14:00経営課
平成19年度広島県東部ポートセミナー福山ニューキャッスルホテル16:30国際課
9/4国際ビジネス研究会例会当所303会議室15:00国際課
日商販売士2級検定試験養成講座当所2階会議室18:30産業課


 FCCIライナー第433号目次へ

 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年08月27日
福山商工会議所「会員向けメールマガジン」購読会員募集中

 福山商工会議所では、平成19年10月より、本FCCIライナー(当所議員向け)とは別に「会員向けメールマガジン」配信サービスを開始します。
 福山商工会議所「会員向けメールマガジン」は、登録されたメールアドレスに福山商工会議所の活動紹介、サービスご案内などのトピックス、講座・講習会・セミナーやイベント等の開催情報、助成金制度の紹介、地域情報など、ビジネスに役立つ情報を購読希望の方に無料でご提供いたします。
 電子メール受信可能な方ならどなたでもご登録いただけますので、貴社従業員の方々に、ご購読をお勧めいただき、ご登録をよろしくお願いいたします。

登録方法:
福山商工会議所ホームページ「福山商工会議所メールマガジン」のバナーをクリックしてお申し込みください。
福山商工会議所ホームページ 
http://www.fukuyama.or.jp/
※登録手続きを迅速化するため、メールでお申し込みください。
※会員事業所の従業員の方であれば、一事業所の中で違うメールアドレスを何件登録されても結構です。

mmb-logo150-40-01.gif



申込・問合せ先:
福山商工会議所 情報課
             TEL:084−921−8736
             FAX:084−922−0100
             E-mail
cci@fukuyama.or.jp

※配信は毎月3回(5・15・25日)を予定しています。
※都合により配信日は前後する場合があります。
※携帯電話やPHSの受信には対応しておりません。

 FCCIライナー第433号目次へ


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年08月27日
「平成19年夏季一時金要求妥結状況調査集計結果」についてお知らせ

 広島県は、「平成19年夏季一時金要求妥結状況調査集計結果」(労働組合員1人当たりの平均)について、次のとおり取りまとめ発表しました。
 なお、広島県の雇用労働情報サイト「わーくわくネットひろしま」でも、調査結果をご覧いただけます。
 ホームページ http://www.work2.pref.hiroshima.jp/

概 況
・7月31日現在の妥結状況(加重平均)は、平均妥結額691,306円(対前年伸び率1.72%)となっており、5年連続して増加した。
・企業規模別にみると、すべての区分において妥結額、支給月数ともに前年を上回った。

要求妥結状況(加重平均)
区  分19年集計結果(1)
(7月31日)
18年集計結果(2)
(7月31日)
前 年 比 較
(1)−(2)
調査対象企業数200196
妥結集計企業数149163
平均要求額739,066円737,329円 1,737円
平均妥結額691,306円679,607円11,699円
支給月数2.34ヵ月2.29ヵ月0.05ヵ月
企業規模別妥結状況(加重平均)
区分妥結企業数妥結額対前年
伸び率
支給月数
従業員
1,000人以上
H1950717,957円1.05%2.37ヵ月
H1853710,516円3.99%2.31ヵ月
従業員
300〜999人
H1953595,761円4.54%2.22ヵ月
H1856569,865円14.25%2.21ヵ月
従業員
299人以下
H1946562,807円0.07%2.24ヵ月
H1854562,426円15.29%2.15ヵ月
夏季一時金妥結状況の推移
区  分14年15年16年17年18年19年
妥結額
(対前年伸び率)
610,162円
(△1.06%)
626,778円
-2.72%
636,090円
-1.49%
640,779円
-0.74%
679,607円
-6.06%
691,306円
-1.72%



 FCCIライナー第433号目次へ


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年08月27日
「第2回福山サミット」開催のご案内 〜福山青年会議所からのお知らせ〜
「暮らしたいまちNo.1びんご福山」を目指して 〜このままでいいの!? 福山安心・安全〜

(社)福山青年会議所では、福山市のまちづくりを考える「第2回福山サミット」を次のとおり開催します。

主  催:(社)福山青年会議所

後  援:中国新聞備後本社、中国放送

日  時:平成19年9月1日(土)
        午後7時〜8時40分 (受付:午後6時30分〜)

場  所:福山ニューキャッスルホテル 3階 光耀の間(福山市三之丸町8−16)

内  容:
第1部 市長講演
第2部 パネルディスカッション
パネリスト:崚帖 ≠ 氏(福山市長)
       菅田 秦介 氏(福山商工会議所 会頭)
       山根 正幸 氏(福山東警察署長)
       原田憲太郎 氏((社)福山青年会議所 理事長)
コーディネーター:吉田 千尋 氏(中国放送アナウンサー)

聴 講 料:無料

定  員:200名(お申込み順、定員になり次第締め切ります)

申込方法:
FAXまたはホームページからメール(氏名、所属団体名、電話番号、FAX番号、メールアドレス)にてお申し込みください。

申込・問合せ先:(社)福山青年会議所
           (福山市西町2−10−1 福山商工会議所ビル7階)
           TEL:084−922−5992
           FAX:084−931−4834
           ホームページ 
http://www.fukuyamajc.com/

※当日は主催者返信のFAXまたはメール(プリントアウトしたもの)をご持参ください



 FCCIライナー第433号目次へ

 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年08月27日
 「経営資質向上セミナー」のご案内 〜福山青年会議所からのお知らせ〜
「木下大サーカス」の木下社長が“企業経営”について熱く語る!!

 
 (社)福山青年会議所では、「経営資質向上セミナー」を次のとおり開催します。

主  催:(社)福山青年会議所

後  援:
福山商工会議所、広島経済同友会福山支部、福山モラロジービジネスクラブ、日創研福山経営研究会、福山大学、神辺町商工会青年部、(株)経済リポート、中国ビジネス情報

協  賛:(社)福山法人会青年部会、

日  時:平成19年9月11日(火)
        午後7時15分〜9時 (受付:午後6時30分〜)

場  所:広島県民文化センターふくやまホール
        (福山市東桜町1−21)

テ ー マ:「世界一を目指して」〜100年続く企業経営〜

内  容:
・100年継続する事業について
・組織運営について
・企業と地域社会

講  師:木下サーカス(株)
       代表取締役社長 木下 唯志 氏

定  員:530名(定員になり次第締め切ります)

聴 講 料:無料

申込方法:
メール(氏名、団体名または企業名、TEL、FAX、メールアドレス)にてお申し込みください。
※ホームページからのお申し込みもできます。
  
http://www.fukuyamajc.com/

申込・問合せ先:(社)福山青年会議所
           (福山市西町2−10−1 福山商工会議所ビル7階)
           TEL:084−922−5992
           FAX:084−931−4834
           Eメール:
mail@fukuyamajc.com


 FCCIライナー第433号目次へ

 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年08月27日
「広島県と物品の売買を希望される方へ」ご案内
 広島県では、平成20年1月1日から平成21年12月31日までの、県が発注する物品の売買、修理、借入れなどの競争入札に参加を希望される業者の資格審査を次のとおり行いますので、審査を希望される方は、所定の申請書を入手のうえ、申請してください。
 なお、現在認定されている方も有効期限が平成19年12月31日までのため、今回の申請が必要です。
 申請書の郵送を希望される方は、140円切手を貼付した返信用封筒(A4封筒)を同封のうえ県庁財産管理室へ請求してください。
 また、広島県のホームページからダウンロードもできますので、ご利用ください。
 
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/

受付期間:平成19年8月27日(月)〜平成19年9月27日(木)
        (郵送は9月21日(金)必着のこと)

受付場所:広島県庁財産管理室 
        (〒730−8511 広島市中区基町10−52)

提出書類:競争入札参加資格審査申請書(物品関係)【指定様式】

添付書類:
1.登記事項証明書(法人の場合のみ必要)※写し可
2.財務諸表(直前事業年度分)
3.印鑑証明書 ※写し可
4.広島県税の納税証明書 ※写し可
5.消費税及び地方消費税(国税)の納税証明書(その3)※写し可
6.営業許可証の写し(営業に必要な場合のみ)
7.委任状 ※写し不可
8.返信用切手(80円)
(注)登記事項証明書、印鑑証明書、納税証明書は3ヵ月以内に発行されたものに限ります。

詳細は、県庁財産管理室契約企画グループ(TEL:082−513−2315ダイヤルイン)にお尋ねください。


 FCCIライナー第433号目次へ

 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年08月27日
「ビジネスフェア中四国2008−中四国発!こだわり良品発掘メッセ−」出展企業募集のご案内
 中四国地域の企業がこだわりと熱意を持って開発された商品の見本市「ビジネスフェア中四国2008−中四国発!こだわり良品発掘メッセ−」が、来年2月に広島市総合展示館で開催されます。
 このフェアは、中国・四国地方の南北の連携軸に位置する広島、松山、呉、浜田の4市と各商工会議所が実行委員会を設けて開催するもので、ビジネスマッチングの機会提供を通じて、販路拡大に努力されている中小企業の活動を支援し、中四国エリアの交流と経済的な結びつきを強めることを目指しています。
 昨年度のフェアでは、164社(団体)が出展し、バイヤー企業403社(728名)と3,033件の商談が行われ、一般来場者数も3,300人を数えました。
 新製品の販路開拓やPRの場として、あるいは商品開発に向けた情報収集の場として、ご活用ください。

主  催:ビジネスフェア中四国実行委員会
(構成:広島市、松山市、呉市、浜田市、広島商工会議所、松山商工会議所、呉商工会議所、浜田商工会議所)

日  時:平成20年2月1日(金)・2日(土)
       午前10時〜午後5時(2日は午後4時まで)

場  所:広島市総合展示館
       (広島市西区商工センター1−14−1)

内  容:
平成20年2月1日(金) 商談日[バイヤー等事業者対象]
平成20年2月2日(土) 商談・展示販売日[一般公開] 

開催規模:
展示面積/2,640平方メートル 予定小間数/約170小間 予想入場者数/約4,000人

出展要項:出展についての詳細はホームページをごらんください。
       
http://www.city.hiroshima.jp/keizai/conv/fair/index.html

申込締切:
平成19年9月25日(火)
(申込み多数の場合、期限より前に締め切る場合があります)

申込・問合せ先:
ビジネスフェア中四国実行委員会事務局
 〒730−8586
 広島市中区国泰寺町1−6−34 広島市経済局 経済振興課内
 TEL:082−504−2236、FAX:082−504−2259
 Eメール:
hayashi-m@city.hiroshima.jp


 FCCIライナー第433号目次へ

 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年08月27日
「平成19年中小企業実態基本調査」にご協力を 〜中小企業庁からのお願い〜
 中小企業庁では、全国の中小企業から約10万6,000社を無作為に抽出し、「平成19年中小企業実態基本調査」を実施します。
 調査対象に選定された中小企業の皆さまは本調査の趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

調査票の提出期限:
平成19年9月18日(火)(9月16日までに調査票をポストに投函してください)

提 出 先:経済産業省中小企業庁 事業環境部企画課調査室
       (〒100−8912 東京都千代田区霞が関1−3−1)

問合せ先:中小企業実態基本調査事務局
        フリーダイヤル:0120−434−369
        (平日の午前9時〜午後6時受付)
※関連ホームページ
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/kihon/index.htm


 FCCIライナー第433号目次へ

 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年08月27日
「福山大学公開講座」のご案内

 福山大学では、「安心・安全な暮らし(2)」をテーマに、公開講座を開催します。
 最近、私たちの暮らしの至る所で、安心・安全が脅かされる出来事が起こっています。年金や保険不払いなど家計上の問題、空き巣・なりすまし詐欺・ネット被害といった犯罪、信頼を裏切るメディア番組、新しい生活習慣病や猛威をふるう感染症など枚挙の暇がありません。科学技術の進歩は便利で長寿社会を実現させつつありますが、余りにもハイスピードで変わりつつある社会の姿に、私たちの感覚・理解がついていけないことや、その隙をついて新技術を悪用する犯罪者の跳梁が、私たちの生命・財産の安全を脅かし、心を不安に陥れているのではないでしょうか。
 福山大学にある5つの学部の講師がそれぞれの分野の立場から、この急変しつつある世の中の姿と、その中に潜む危険への付き合い方についてお話されます。
 皆様に近未来の情報社会、高齢社会などの姿をより深く理解していただき、皆様の暮らしの不安の解消と豊かな生活の実現に少しでもお役に立てれば幸いです。

日  時:平成19年9月15日(土)〜10月20日(土)
       毎週土曜日(6講座)午後2時〜4時

場  所:福山大学20号館 2011講義室
       (福山市学園町1番地三蔵)

内  容:
 9月15日:「安心できるライフプラン・社会保障について」
         経済学部 講師 小林 正和 氏(社会保障)
 9月22日:「メディア社会の安全と未来−マスコミ報道からケータイ利用まで−」
         人間文化学部 講師 飯田 豊 氏(メディア論)
 9月29日:「安心・安全な住まい」
         工学部 教授 中山 昭夫 氏(鉄骨構造)
10月 6日:「食品の安全性について」
         生命工学部 准教授 倉掛 昌裕 氏(食品衛生学)
10月13日:「薬の効き目はヒトによって違う?−代謝の個人差について−」
         薬学部 教授 五郎丸 毅 氏(放射薬品化学)
10月20日:「情報革命と安全な暮らし」
         工学部 教授 小林 富士男 氏(画像情報)

定  員:一般市民 250名

受 講 料:無料

修 了 証:
全講座6回のうち5回以上の受講者には修了証をお渡しします。

申込締切:平成19年9月7日(金)

申込・問合せ先:福山大学 総務部文書課 
            TEL:084―936−2111(内線:2118・2900)


 FCCIライナー第433号目次へ


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年08月27日
「ふくふく」展示会のご案内 【FCCIライナー第433号】

・佐藤 登「ボトル・シップ展」〜瓶細工の芸術に魅せられて〜

会期:平成19年8月29日(水)〜9月3日(月)
     午前10時〜午後6時30分(最終日午後5時まで

松永駅前のさとう呉服店の店主 佐藤 登さんの個展です。
みなさん、洋酒のビンの中に入っている帆船をみたことがありますか?これが「ボトル・シップ」です。
最初は「寶船」「七福神」に挑戦し、最近では「いろは丸と鞆三景」「いろは丸と宮島大鳥居」「咸臨丸と明石大橋」・・・。各名勝地と船をセットにした作品を作られており、夢は名勝地とボトル・シップのセットで日本一周だそうです。ここ数年は、福山市今津小学校6年生の夏休みの宿題作りの1つとして、ボトル・シップを教えながら、ボトル・シップの楽しさを伝えていらっしゃいます。
この機会に、是非ご高覧いただき、瓶細工の芸術品の数々をお楽しみください。


・「近代ロウケツの生地を使った初秋の洋服展」

会期:平成19年9月5日(水)〜9月10日(月)
     午前10時〜午後6時30分(最終日午後5時まで)

岡山市在住の高橋 忍さんによるビルマのシルクに近代ロウケツ染めを施した「ころも」の展示会です。ビルマのシルク生地にロウケツ染めを施すのはとても難しいといわれています。
11行程をかけてつくるロウケツ染めで、とても風合いのある生地に仕上がっています。複雑な模様の風合いは生地だけでも充分に楽しめるものです。
そんな生地を使って作った、秋を楽しむ「ころも」の数々をお楽しみください。ロウケツ染めの風合い、生地の肌触りなどを十分に生かしたデザイン。木綿を中心とした着心地のよい衣。体に優しいデザイン。オリジナル創作。ひとつひとつ手作りで仕上げています。
秋を楽しむ、自分だけの衣を見つけてください。


ふくふくホームページ
 
http://www.kurashinbo.jp/2006/omise/02fukufuku/index.html


 FCCIライナー第433号目次へ


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年08月27日
「花さか倶楽部」講座のご案内 【FCCIライナー第433号】

・ヨーガ (講 師:佐藤 敬子)

開講日:第2・3・4金曜日 午後7時30分〜9時
受講料:2,800円(3回分・税込)

呼吸に重点を置いた易しいヨーガです。体の硬さ、柔らかさ、病弱を問わず、年令も関係なく誰でもできます。1つ1つのポーズ(アーサナ)をゆっくりとした呼吸に合わせて実践していくことで、体と心の両面を整え、自身の持つ可能性を広げ、心身共により良い状態に導いていくことが、このヨーガの目的です。ヨーガの実習は疲れを残しません。実習後は、全身にリフレッシュした気持ちが満ち、体は軽くなり、精神的な安定感や爽快感を得ることができます。

・熊野焼陶芸教室(講 師:皿谷  実)

開講日:毎月第4土曜日 午後1時30分〜4時30分
受講料:1,000円(1回分・税込) 粘土代別

土を練るのがおもしろくてやめられません。思い思いの作品を作ってください。定員15名。

※この他にも日々の暮らしのヒントになる講座がいっぱいです。講座一覧のホームページがあります。
http://www.fukuyama.or.jp/j/shoten/fukufuku/hanasaka/hanasaka_index.html

申込・問合せ先:ふくふく(福山市今町4−23)
            TEL:084−973−9829、FAX:084−973−9830

ふくふくホームページ
  
http://www.kurashinbo.jp/2006/omise/02fukufuku/index.html


 FCCIライナー第433号目次へ


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年08月27日
レディオBINGO 「ハロー!商工会議所」 水曜日に放送中【FCCIライナー433号】

福山商工会議所提供のレディオBINGOの番組“ハロー!商工会議所”は毎週水曜日17時45分から10分間放送しています。周波数はFM77.7MHZ。
今後の内容予定は、次のとおり。

8月29日=ふくふくの催しから 佐藤 登「ボトル・シップ展」
         さとう呉服店 店主 佐藤 登 さん

9月 5日=福山商工会議所実施の各種検定試験について
         日商販売士検定試験2級合格者
          (有)神野ふとん店 店長 神野 光治 さん
         福山商工会議所 産業課 産業係長 住田 さゆり


 FCCIライナー第433号目次へ


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年08月27日
福山商工会議所「後援事業」のご案内【FCCIライナー433号】
福山商工会議所が8月15日〜8月24日の間に、後援承諾した事業は次のとおりです。
後援事業名称主催団体代表者実施期間実施場所
平成19年度北海道の物産と観光展(社)北海道貿易物産振興会会長
滝沢 靖六氏
平成19年
11月6日
〜20日
(株)天満屋福山店
中国電子タグ(RFID)利活用研究フォーラム総務省中国総合通信局局長
坂巻 政明氏
平成19年
11
月16日
福山ニューキャッスルホテル
イーグルクラブ福山・三原支部9月度例会イーグルクラブ福山・三原支部-平成19年
9月28日
福山ニューキャッスルホテル
第7回広島県高校生スペシャリストの祭典第7回高校生スペシャリストの祭典実行委員会委員長
黒木  巖氏
平成19年
10月6日・7日
広島県立ふくやま産業交流館



 FCCIライナー第433号目次へ


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
2007年08月27日
福山商工会議所の動き(8/15〜8/24)【FCCIライナー433号】
行事名場所出席者
※18/152007U・Iターン就職・総合就職相談会福山ニューキャッスルホテル加古川部長他
-8/19宇部商工会議所との懇談会中川美術館他皿谷専務理事他
※28/21ものづくり体験教室(〜8/22)当所9階会議室藤井主事
-日商販売士2級検定試験養成講座当所2階会議室住田係長
福の山魅力づくりプロジェクト8月例会和紙のさくだ後藤(学)係長他
-8/22中小企業金融公庫相談日当所2階相談室石田課長
-8/23日商販売士2級検定試験養成講座当所2階会議室住田係長
-8/24正・副会頭会議当所会頭室菅田会頭他
定例記者会見当所303会議室菅田会頭他
備後知財管理研究会例会当所9階会議室藤井主事
CIO育成研修会「情報システム部門責任者育成講座」(〜8/25)当所102会議室小林課長他
松永地区議員懇話会 視察研修(〜8/26)済州島-



※1 2007U・Iターン就職・総合就職相談会(8/15)《経営課》

【出席者】
  参加企業62社
  求職者271名(学生80名、U・Iターン希望者45名、一般146名)
【概  要】
 福山地方Uターン就職協議会(福山市・府中市・福山公共職業安定所・府中公共職業安定所・福山地方雇用対策協議会・当所で構成)の主催により、福山地方へのU・Iターン就職希望者のほか、来春卒業(大学、短大、専門学校等)予定者や現在求職活動中の人を対象とした「U・Iターン就職・総合就職相談会」を開催した。
 昨年と比較すると、U・Iターン希望者、一般求職者は昨年並みの参加があったものの、来春卒業予定の学生参加者が約100人減、参加企業も25社減となった。
 参加者は、自己PRカードを手に参加企業のブースを回り、人事・採用担当者に会社概要や採用計画等の説明を熱心に聞いていた。中には、採用を中途採用者に絞り新卒を希望しない企業もあり、即戦力を求める企業もあった。



※2 ものづくり体験教室(8/21・22)《産業課》

参加者】
  小学校3年生から中学校2年生までの18名、指導者5名 計23名
【概  要】
 小・中学生を対象に、実際の創作活動を通して、自ら「考え」「工夫する」ことを体験することにより、科学技術の重要性を認識し、その創造性や知的財産に対する意識を育むことを目的に、ものづくり体験教室を開催した。
 この教室は、文部科学省が主催し、(社)発明協会が協力して全国各地で実施しており、科学的知識や工具の使い方を学びながら、選択した工作キットを用いて、マシン作りに取り組んだ。
 小学校3・4年生は「かざぐるまカー」、「プロペラカー供廖⊂学校5・6年生は「クランク歩行メカ」、中学校1・2年生は「Uターンマシン」をそれぞれ製作し、自分なりに改良を行った。完成後は、成果発表競技会を開催し、所定のコースでマシンを走行させ、タイムを計測した。
 (社)発明協会では、全国で体験教室を開催後、協会本部で審査委員会を開催し、参加者の中から優秀成績者を選出。優秀者は秋に行われる全国大会に参加できる。



 FCCIライナー第433号目次へ


 
ボットからトラックバックURLを保護しています
43件中(1件〜15件を表示しています)   前   |