2010年10月25日
FCCIライナー544号(10/25発行)目次

会議所の主な予定 ☆(10/25〜11/5)

☆ お知らせ ☆

○ 「マル経融資制度の貸付金利の引き下げ」について

○ 「次世代育成支援対策推進法改正について」のご案内

○ 「電子タグ(RFID)利活用研究フォーラム」のご案内

○ 人事労務セミナー「労働安全衛生から見たメンタルヘルス」のご案内

○ 「中小企業支援 安全保障貿易管理セミナー」のご案内

 「広島県最低賃金」改定について

○ 「下請法講習会」のご案内

 「ふくふく」展示会のご案内
    
○ 「花さか倶楽部」講座のご案内
           
○ レディオBINGO“ハロー!商工会議所”水曜日に放送中

○ 福山商工会議所「後援・協賛」事業のご案内 
      
会議所の動き ☆(10/15〜10/24)

※1 平成22年度秋期情報処理技術者試験(10/17)《産業課》
※2 中小企業経営セミナー2010(10/18)《経営課》
※3 福山女子短大連携事業公開講座「寒冷地域でのエネルギーと環境」(10/22)《産業課》


  福山商工会議所トップページへ


 
2010年10月25日
☆会議所の主な予定 ☆(10/25〜11/5)
行事名場所時間担当課
10/25福山知っとる検定記者発表市役所記者クラブ11:00産業課
ふくやまアート・ウォーク2010」スタンプラリー抽選会当所第1応接室13:30特命担当
10/26「中国における県内港の利用促進に係る合意書」の締結式県庁9:30産業課
10/27平成22年度販売士2・3級資格更新講習会当所101会議室9:00産業課
経営実務講座Vol.3当所9階会議室18:00経営課
10/28IT経営気づき研修会「基礎編」当所304会議室13:00情報課
松永経理実務講座当所松永支所中会議室18:00松永支所
ふくやまアート・ウォーク2010」反省会パーパイタイ18:30特命担当
10/29正副会頭会議当所会頭室11:30総務課
定例記者会見当所303会議室13:00総務課
備後知財管理研究会10月例会当所2階会議室14:00産業課
10/30創業塾当所102会議室10:00経営課
11/1金融審査会当所第2応接室14:00経営課
11/2第321回常議員会当所302会議室10:00総務課
正副会頭会議当所会頭室11:00総務課
ローズサロン11月例会福山ニューキャッスルホテル18:00産業課
11/4国際ビジネス研究会平成22年度「ベトナム・ダナン視察会」事前説明会当所303会議室11:00産業課
福山地域中小企業支援センター専門家派遣移動相談会in松永「経理・税務編」当所松永支所小会議室13:00松永支所
コミュニケーション研修当所9階会議室13:30経営課
青色申告入門講座当所9階会議室18:00経営課
松永経理実務講座当所松永支所中会議室18:00松永支所
11/5松永親交会11月例会当所松永支所大会議室12:15松永支所


  FCCIライナー第544号目次へ

 
  
福山商工会議所トップページへ



 
2010年10月25日
「マル経融資制度の貸付金利の引き下げ」について
http://www.fukuyama.or.jp/kinyuu/marukei/

小規模事業者経営改善資金(マルケイ)融資制度の金利が、10月18日より1.85%から1.75%に引き下げられました。

マル経融資:
事業資金を借りたい小規模企業者のために商工会議所の経営指導に基づいて、日本政策金融公庫に推薦し、無担保・無保証人で貸し出される融資。
対象は従業員20人以下(商業・サービス業は5人以下)の企業で福山市内で1年以上事業を行っているもの。
マル経融資額:
1,500万円以内
返済期間:
運転資金7年以内(据置期間1年)、設備資金10年以内(据置期間2年)

【ご利用いただける方】
業  種:
商工業者であり、日本政策金融公庫の融資対象業種であること。
事 業 歴:
福山商工会議所の地区内で最近1年以上継続して、事業を営んでおられること。
事業規模:
常時使用する従業員数が商業・サービス業は5人以下、製造業・その他は20人以下であること。
納    税:
所得税・法人税・事業税・住民税など、支払う義務のある税金を完納されていること。 
指 導 歴:
本制度融資申込みの6ヵ月以前から、商工会議所の経営指導を受けておられること。
(まだ、経営指導を受けておられない方は、できるだけお早めにご相談ください。)
※連続欠損および借入金過多の場合等は、ご利用いただけない場合もあります。
※申込の際には、決算書、証書等の書類が必要になります。 


  問合せ先:福山商工会議所 経営課
          TEL:084−921−8734
         福山商工会議所 松永支所
          TEL:084−933−2151


  FCCIライナー第544号目次へ

 
  福山商工会議所トップページへ



 


 
2010年10月25日
「次世代育成支援対策推進法改正について」のご案内
http://www.hiroroudoukyoku.go.jp/04/kigyotop.pdf

次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ育つ環境をつくるため、平成17年4月から施行されている「次世代育成支援対策推進法」の一部が平成21年に改正され、平成23年4月1日より、常時101人以上の労働者を雇用する企業の「一般事業主行動計画」の策定・届出および公表、従業員への周知が義務化されますので、早めの策定と届け出をお願いします。
 また、広島労働局では管内の企業対象に、職員の訪問などによる行動計画策定のため助言等を実施していますので、不明な点等ありましたら、お問い合わせください。

 義務化適用時期: 
 平成23年3月31日まで平成23年4月1日以降
301人以上企業義務義務
101人以上300人以下企業努力義務義務
100人以下企業努力義務

行動計画様式等は、厚生労働省のホームページより、ダウンロードしてください。
   
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/jisedai/index.html

  届け出・問合せ先:広島労働局雇用均等室
              TEL:082−221−9247
              FAX:082−221−2356


  FCCIライナー第544号目次へ

 
  福山商工会議所トップページへ



 


 
2010年10月25日
「電子タグ(RFID)利活用研究フォーラム」のご案内
http://www.cic-infonet.jp/denpa/modules/eguide/event.php?eid=413

〜これからの物流におけるICタグ世界標準戦略〜
電子タグも本当に実用的に使える場面が実際に増えてきました。さらに利用実績を積み上げて国際物流での世界標準を狙うというプロジェクトもいよいよ本格的になってきたといいます。
法令の整備や技術の更なる進歩、圧倒的な普及となった交通系のICカードの便利さを実感し、改めてその技術の素晴らしさが見直されつつあります。
一方では、スマートフォンやツイッターなど、ビジネスのスタイルを変えていく道具が出てきており、これらの道具の持つ革新的なパワーをご紹介します。
本フォーラムでは、電子タグの国際的な活用及び動向や次々と出てくるICTツールについて、その威力と革新性、実導入を成功させるキーポイントについて考えます。
ぜひ、ご参加ください。

主  催:
中国総合通信局、中国情報通信懇談会、中国経済連合会、福山商工会議所、中国電子タグ(RFID)利活用研究会
日  時:
平成22年11月19日(金) 13:30〜16:30(受付 13:00〜)
場  所:
福山ニューキャッスルホテル 2階 ばらの間
内  容:
1.対   談
 『スマートフォンとtwitterの革命』
   講師:東京大学 生産技術研究所 情報・エレクトロニクス系部門 助教  岩井 将行 氏
             広島国際大学 工学部情報通信学科 教授 齋(いつき)礼 氏
2.基調講演
 『顧客の実例にみる電子タグの実用化に向けた取組』 〜効果のでる利活用方法〜
   講師:三井物産(株)
        物流本部 物流機能推進部 LIT室長 御手洗 正夫 氏
参 加 料:
無料
定  員:
100名程度
申込方法:
「電子タグフォーラム参加希望」と明記し、参加希望者氏名/所属(会社・団体名等)/連絡先氏名・電話番号を記載して、FAXまたは、メールしてください。

  申込・問合せ先:中国電子タグ(RFID)利活用研究会事務局[(株)アクトシステムズ] 担当:橋本
           TEL:084−921−3416
           FAX:084−921−3598
           E−MAIL:info@act-systems.co.jp


  FCCIライナー第544号目次へ

 
  福山商工会議所トップページへ



 


 
2010年10月25日
人事労務セミナー「労働安全衛生から見たメンタルヘルス」のご案内
http://www.fukuyama.or.jp/seminar/jinji-roumu/
   
〜 個人と企業のリスクと対応について 〜
メンタルヘルスを個人の側の問題のみで捉えず、企業の側から見たリスクにスポットを当てて、留意すべき事項と考えるべく対策についてご紹介します。特に、業務災害補償分野(労働災害関連)においては、第3次産業の就業者数が増大する中で、労災事故が<災害型>から<疾病型>へと変化しつつあります。近年、「過労死」「過労自殺」による企業への損害賠償請求事案がマスコミをにぎわせていますが、新しい労災リスクとして「過労死と総称される長時間労働による脳,心臓疾患への補償賠償問題」「職場ストレスに起因する精神障害及びその結果としての自殺にかかる賠償問題」に対する対応が非常に重要になってきています。
最近の人事労務部門を取り巻く環境の変化とそれに対する企業のリスクと対応について、判例等も交えながらご紹介させていただきます。

主  催:
福山商工会議所
日  時:
平成22年11月24日(水)14:00〜16:00
場  所:
福山商工会議所 1階 102会議室
講  師:
東京海上日動火災保険(株)本店広域法人部 横山 昌彦 氏 
内  容:
 (1)人事労務部門を取り巻く環境の変化と精神障害の労災認定急増
 (2)リスクマネジメントから見たメンタルヘルス〜企業経営に及ぼす影響と対応例〜
 (3)メンタルヘルスの視点から見た労働災害に関する企業の責任とリスク 
定  員:
50名(定員になり次第締め切ります)
受 講 料:
無料
申込方法:
当所ホームページのフォームまたは、事業所名、所在地、電話番号、FAX番号、業種、参加者氏名を記入して、FAXしてください。

  申込・問合せ先:福山商工会議所 経営課
             TEL:084−921−8734
             FAX:084−922−0100


  FCCIライナー第544号目次へ

 
  福山商工会議所トップページへ



 


 
2010年10月25日
「中小企業支援 安全保障貿易管理セミナー」のご案内
http://www.jmcti.org/jmchomepage/semminar/anzen/101111_hiroshima.htm
   
〜「輸出者等遵守基準」への取組に向けて〜
 我が国の製品・技術が海外で兵器の開発など軍事用途に用いられることがないよう違法輸出を未然に防止するため、企業の社内管理事項を定めた「輸出者等遵守基準」が平成22年4月から実施されています。輸出を行う企業は「輸出者等遵守基準」に従って輸出を行わなければならないことになりました。日本機械輸出組合では次のとおり安全保障貿易管理セミナーを開催いたします。多数ご参加いただけますようご案内いたします。
主  催:
日本機械輸出組合 
日  時:
平成22年11月11日(木)14:00〜17:00
場  所:
広島県情報プラザ 2階 第一研修室(広島市中区千田町3−7−47)
講  師:
日本機械輸出組合部会・貿易業務グループ 輸出管理アドバイザー 
内  容:
第1部(14:00〜16:00)
  (1)自社の輸出実態を知ろう
  (2)安全保障輸出規制とは
  (3)輸出者等遵守基準の内容と企業における対応
第2部(16:00〜17:00)
   個別相談(説明終了後、希望者には講師が個別にご相談をお受けします)。 
定  員:
50名(定員になり次第締め切ります)
受 講 料:
無料
申込方法:
ホームページのフォームまたは、申込書をダウンロードして、11月9日(必着)までにEメールまたは、FAXしてください。
       
  申込・問合せ先:日本機械輸出組合 部会・貿易業務グループ 担当:橋本、好田
                         東京都芝公園3-5-8 機械振興会館401
                          TEL:03−3431−9800
                          FAX:03−3431−0509
                          Eメール:bukai@jmcti.or.jp


  FCCIライナー第544号目次へ

 
  福山商工会議所トップページへ



 


 
2010年10月25日
「広島県最低賃金」改定について 
〜平成22年10月30日から時間額704円に〜
広島県最低賃金は、平成22年10月30日から時間額704円となります。(10月29日までは、692円です。)
最低賃金に算入しない賃金:
1.精皆勤手当、通勤手当、家族手当
2.時間外、休日および深夜の割増賃金
3.臨時に支払われる賃金および1ヵ月を超える期間ごとに支払われる賃金
広島県最低賃金は、県内の事業場で働くすべての労働者に適用されます。
年齢・性別・雇用形態[常用・臨時・パート・アルバイト等]、支払形態[月給・日給・時給等]の別を問いません。
※特定の産業で働く労働者については、広島県最低賃金よりも金額の高い産業別最低賃金が適用される場合があります。
最低賃金についてご不明な点は、広島労働局賃金室、または福山労働基準監督署にお問い合わせください。

  問合せ先:広島労働局 賃金室 
                 TEL:082−221−9244
         福山労働基準監督署 
                  TEL:084−923−0005


  FCCIライナー第544号目次へ

 
  福山商工会議所トップページへ



 


 
2010年10月25日
「下請法講習会」のご案内
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/chusyo/h221006.html

親事業者と下請事業者との取引は下請取引として、「下請代金支払遅延等防止法」での優越的地位の濫用行為の規制や「下請中小企業振興法」による振興基準によって、親事業者(発注者)の義務や禁止行為などのルールが定められています。国では、定期的に下請取引の実態を調査するなど、下請取引適正化のための指導を行っています。
本年度においても、下記のとおり下請取引適正化推進のための講習会を開催いたします。ぜひ、ご参加ください。
主  催:
中小企業庁
日  時:
平成22年11月17日(水)13:30〜16:30
場  所:
広島県立産業技術交流センター「多目的ホール」(広島市中区千田町3−7−47)
定  員:
200名
受 講 料:
無料
申込方法:
ホームページから申込書をダウンロードして、申込書または、はがきに必要事項を記入の上、参加希望会場の申込先までFAXまたははがきにて申し込んでください。
 
   申込・問合せ先:中国経済産業局 産業部中小企業課
              (広島市中区上八丁堀6−30広島合同庁舎第2号館) 
              TEL:082−224−5661  
              FAX:082−224−5643


  FCCIライナー第544号目次へ

 
  福山商工会議所トップページへ



 


 
2010年10月25日
「ふくふく」展示会のご案内 【FCCIライナー第544号】
・『天然素材の創作衣料展』
会期:
平成22年10月27日(水)〜11月1日(月)10:00〜18:30(最終日17:00まで)
   平成22年11月3日(水)〜11月8日(月) 10:00〜18:30(最終日17:00まで)
岡山市在住の高橋 忍さんの天然素材の創作衣料展です。
今回は、2週にわたり、「民族」をテーマに、タイの山岳地帯の生地を使い独創性あふれる作品を展示します。手仕事(アジア)で作り上げたシンプルで、着こなしやすいオリジナルデザインの「ころも」をご提案します。
木綿衣料に合う、天然石を使った手作りのアクセサリーもあります。
自分だけに合う、手織り、手染めの個性的な魅力の木綿衣料“ころも”を見つけてください。

ふくふくホームページ
 
http://www.kurashinbo.jp/2006/omise/02fukufuku/index.html

 


 


 
2010年10月25日
「花さか倶楽部」講座のご案内 【FCCIライナー第544号】

・面打教室(講 師:谷本 守之)
開講日:毎週日・月曜日 13:00〜16:00
受講料:7,000円(4回分・税込)材料費別

能面制作の楽しさを体験してみませんか。完成までに日数はかかりますが、作成者がだれであれ作品に対しての思い入れはそのまま反映され、あなたの真心に応えてくれます。初めての方でも、個人のペースに合わせて進みますのであわてることもなく充実した時を過ごすことができます。


・ヴォイストレーニング(講 師:山根 多恵子)
開講日:毎月第1・第3木曜日  12:30〜13:30
受講料:4,000円(2回分・税込)

声を出す(歌う)となぜ「心と脳」にいいのでしょう。うたには、「癒し力」があるといわれています。声(歌う)を出すことによって脳内に快感物質があふれ、全身の血流がよくなり、ストレスに効くともいわれます。さあ、あなただけの「声」という体の一器官の機能を通して全身が歌の世界に巻き込まれるのを感じてみませんか。



ふくふくホームページ
  
http://www.kurashinbo.jp/2006/omise/02fukufuku/index.html

 

 
2010年10月25日
レディオBINGO"ハロー!商工会議所"水曜日に放送中【FCCIライナー544号】

福山商工会議所提供のレディオBINGOの番組“ハロー!商工会議所”は毎週水曜日17時45分から10分間放送しています。周波数はFM77.7MHZ
 今後の内容予定は、次のとおり。

     10月27日=「商工ふくやま」11月号 仕事活き!活き!より
             (株)建内建材店
              専務取締役 建内 博行 氏
     
     11月 3日=「福山市内における史跡旧跡を巡るバスツアー」参加者募集について
             (社)福山市観光協会 
              主査 楠 英博 氏      
      
▽レディオBINGOホームページ
  
http://fm777.co.jp/pc/index.html


 
2010年10月25日
福山商工会議所「後援・協賛」事業のご案内【FCCIライナー544号】
福山商工会議所が10月15日〜10月24日の間に、後援・協賛承諾した事業は次のとおりです。

事業名称主催団体実施期間
観光アシスタント「ローズ福山」募集社団法人福山市観光協会平成22年12月1日〜
平成23年3月11日


  FCCIライナー第544号目次へ

 
  福山商工会議所トップページへ


 
2010年10月25日
☆ 会議所の動き ☆(10/15〜10/24)
行事名場所出席者
 10/16創業塾当所102会議室後藤(美)係長
ふくやまコミュニティ創成塾 シンポジウム福山市立女子短期大学福永理事・事務局長
※110/17平成22年度秋期情報処理技術者試験盈進中学高等学校福永理事・事務局長他
※210/18中小企業経営セミナー2010当所102会議室宇田部長他
 正副会頭会議当所会頭室林会頭他
 10/19選挙会当所議員クラブ林会頭他
青年部役員会当所9階青年部室佐々木部長他
ラッピング講座(6)当所2階会議室中田主事補
 10/20経営実務講座Vol.3当所9階会議室山本(順)主事
 10/21松永経理実務講座当所松永支所中会議室小畠支所長他
※310/22福山女子短大連携事業公開講座「寒冷地域でのエネルギーと環境」イコールふくやま福永理事・事務局長
 10/23創業塾当所9階会議室山本(順)主事
平成22年度福山少年少女発明クラブ例会ポリテクカレッジ福山西尾主事
 10/24全市一斉清掃当所ビル周辺石井専務理事他
第190回珠算検定試験当所101会議室他中田主事補


※1 平成22年度秋期情報処理技術者試験(10/17)《産業課》
【受験者】553名
【概 要】
全国の応募者数は319,563名(前年同期比99.6%)。
今回は、応用情報技術者試験及び情報セキュリティスペシャリスト試験、ITサービスマネージャ試験で応募者数が大きく増加した。ITパスポート試験は、秋期は前年度並の71,574名(前年同期比99.6%)であったが、年度全体では135,254名(約17,000人増、約14%増)と大きく増加した。また、情報処理技術者試験全体の平成22年度の応募者数は、昨年度を上回り62万人台へ拡大。福山地区の受験率は78.8%であった。
当所では、福山地域の受験者の利便性向上のため、情報処理技術センターより福山会場の運営を受託、毎年春と秋に実施している。

※2 中小企業経営セミナー2010(10/18)《経営課》
【受講者】38名
【概 要】
日本政策金融公庫福山・尾道支店、TKC中国会広島県東部支部、広島県商工会連合会東部支所、当所の共催で開催した。
最初に、「変化をチャンスに。社長の行動が未来を変える!」と題して、TKC中国会 税理士 三好 建弘氏を講師に迎え、基調講演を行った。
海産物の製造・販売を行う(株)トップを例題として、経営者が現状打開に悩むところから、経営改善に繋がる行動を実践し、元気な会社へ成長していく過程のポイントを、ドラマ仕立てのビデオ上映を交えながら、今経営者は何をすべきか、どんな行動をすべきか、活力ある中小企業になるための取り組みとして、変化するビジネス環境や、自社の現状を認識しながら、将来にわたってビジネスを継続していく考え方など、分かりやすく説明した。
続いて、施策説明として、中国財務局検査監理官 阿部 文仁氏より、中小企業の資金調達に役立つ金融検査の知識について、また、日本政策金融公庫尾道支店 国民生活事業の松岡 正博融資課長より、セーフティネット貸付等の活用と留意点について、日本政策金融公庫広島支店 中小企業事業の板崎 司課長より、業務内容についての説明があった。
セミナー終了後、日本政策金融公庫による個別相談会も行われた。

※3 福山女子短大連携事業公開講座「寒冷地域でのエネルギーと環境」(10/22)《産業課》
【出席者】30名
【概 要】
動き出した巨大プロジェクト「寒冷地域でのエネルギーと環境」〜アラスカ天然ガスパイプライン建設計画の動向〜をテーマに、福山市立女子短期大学との連携事業として公開講座を行った。
講師の福山市立女子短期大学 客員教授 福田 正己氏より、現在の世界のエネルギー事情に始まり、アメリカのエネルギー政策の変化や、それに伴うアラスカの天然ガスパイプライン計画の現状などについて、現地での経験を踏まえ説明があった。
「オバマ政権はエネルギー政策を採掘可能年数が後42年しかない原油から、クリーンな原子力発電に舵を切った。オバマ大統領は就任1カ月で8基の原子力発電の建設を認可した。しかし、11月の中間選挙で民主党が負ければ、共和党が第一に掲げる天然ガスのアラスカからアメリカのシカゴまでのパイプライン建設が一気に進む可能性がある。現在、このパイプラインの建設に関しては3つのグループが複雑にからんで動いているので、どうなるか分からないが、使用するパイプは300万トン以上必要で、シームレスパイプで高い技術を持つ日本の製鉄所にとっては大きなビジネスチャンスになる。」など、さまざまな資料を駆使してわかりやすく、説明した。



  FCCIライナー第544号目次へ

 
  福山商工会議所トップページへ



 
2010年10月15日
FCCIライナー543号(10/15発行)目次

会議所の主な予定 ☆(10/15〜10/25)

☆ お知らせ ☆
○ 福山商工会議所会員特別サービス「平成23年版 福山商工名鑑無料贈呈」のご案内
○ 「福山が誇る オンリーワン・ナンバーワン企業」募集のご案内
○ 2号議員確定(42名)
○ 「青色申告入門講座」のご案内
○ 広島大学出前講座「デザインが決め手 ! 製品・商品販売促進・店舗の印象づけ」のご案内
○ 融資制度活用セミナー「元銀行員が明かす!銀行融資を上手に引き出す究極の方法」のご案内
○ 「平成22年度低炭素型雇用創出産業立地推進事業費補助金」交付先公募開始のご案内
○ 「平成22年度検定試験10月申込受付分」のご案内
○ 「ふくふく」展示会のご案内    
○ 「花さか倶楽部」講座のご案内            
○ レディオBINGO“ハロー!商工会議所”水曜日に放送中 
      
会議所の動き ☆(10/5〜10/14)

※1 両立支援対策セミナー(10/6)《経営課》
※2 経営実務講座Vol.3(10/6)《経営課》
※3 第1回総務委員会(10/7)《会員課》
※4 IT経営気づき研修会・入門編「IT経営実践セミナー」(10/7)《情報課》
※5 松永経理実務講座(10/7)《松永支所》
※6 中堅営業社員強化研修(10/8)《経営課》
※7 ふくやま手しごと自慢市(10/9・10)《産業課》
※8 ふくやまアート・ウォーク2010(10/9・10)《特命担当》


  福山商工会議所トップページへ


 
43件中(1件〜15件を表示しています)   前   |