2008年01月25日
「平成19年年末一時金要求妥結状況調査集計結果」について
広島県では、この度平成19年年末一時金要求妥結状況調査集計結果(労働組合員1人当たりの平均)について、次のとおり取りまとめ発表しました。

概 況
・平成19年12月31日現在の妥結状況(加重平均)は、平均妥結額753,654円(対前年10,158円増加、伸び率1.37%)となっており、5年連続して増加した。
・企業規模別にみると、すべての区分において前年を上回っている。

要求妥結状況(加重平均)
区  分19年最終集計(1)
(12月31日)
18年最終集計(2)
(12月31日)
前 年 比 較
(1)−(2)
調査対象企業数200196
妥結集計企業数157150
平均要求額792,214円789,194円  3,020円
平均妥結額753,654円743,496円 10,158円
支給月数2.55ヵ月2.51ヵ月0.04ヵ月

企業規模別妥結状況(加重平均)
区分妥結企業数妥結額対前年伸び率支給月数
従業員
1,000人以上
H1948814,779円1.13%2.68ヵ月
H1846805,641円1.32%2.62ヵ月
従業員
300〜999人
H1954595,167円2.40%2.20ヵ月
H1852581,195円8.05%2.23ヵ月
従業員
299人以下
H1955572,425円0.01%2.27ヵ月
H1852572,357円16.62%2.19ヵ月



 FCCIライナー第447号目次へ


 
ボットからトラックバックURLを保護しています