2008年03月17日
「ふくふく」展示会のご案内 【FCCIライナー第452号】

・「国際カスパリー編展」

会期:平成20年3月19日(水)〜3月24日(月)
    午前10時〜午後6時30分(最終日午後5時まで)

国際カスパリー編協会(後藤 十史子常任理事)講座の受講生による、国際カスパリー編の作品展を開催いたします。ぜひご高覧くださいますよう、ご案内申しあげます。
カスパリー編みとは:百余年の歴史を持つ特許編で、イギリスの宣教師によってもたらされたものです。初代松川伊三氏によって糸を切ることなく編む技法が開発され、四代目の家元山下和子氏が衣服にする技法を考案されました。
インテリアからドレスまで、一筆書きのような特殊な技法でいくその過程の楽しさは格別です。素材は糸状のようなものであれば、どんなものでも編むことができます。糸の無駄もなく考えて編む芸術的な編み物は、従来の編み物にない大変魅力あるレース編です。



・「あたらしい私との出逢い」〜天然素材と手仕事の布を使って〜

会期:平成20年3月26日(水)〜3月31日(月)
    午前10時〜午後6時30分(最終日午後5時まで)

岡山市在住の高橋 忍さんの手仕事(アジア)で作り上げた着心地にこだわった“ころも”を提案させていただきます。
−暮らしの中で楽しむ私らしさ−
・今回は、暮らしの中で愛用していただける新しいデザインがたくさんあります。
・今までに着たことがないような新しいスタイルの衣にチャレンジする、よい機会になると思います。
ゆったりとした時間の中で、楽しく自分にぴったりの一点ものを探しに来てください。

 
 FCCIライナー第452号目次へ


 
ボットからトラックバックURLを保護しています