2008年11月17日
福山商工会議所の動き(11/5〜11/16)【FCCIライナー476号】
行事名場所出席者
※111/5経営実務講座vol.3(1)当所9階会議室山本(順)主事
-11/6福山商工会議所女性会役員会当所303会議室佐々木課長他
福山地域中小企業支援センター専門家移動相談会in松永「経理・税務編」当所松永支所小会議室石田支所長他
ふくやま卸売市場ふれあい祭実行委員会市場管理棟山本(順)主事
松永経理実務講座(5)当所松永支所石田支所長他
福山赴任者倶楽部11月例会食辛坊沖野上店石井専務理事他
※211/7「台湾」貿易・投資・技術商談会当所101会議室弘芝係長
-退職金相談日当所2階相談室野島課長
「70歳まで働ける企業」創出事業 ブロック経験交流会当所102会議室石井専務理事他
※311/8経営革新塾(1)当所9階会議室岡本課長他
-平成20年度福山少年少女発明クラブ例会ポリテクカレッジ福山西尾主事
-11/11日本政策金融公庫一日融資相談会当所松永支所石田支所長他
-11/12日本政策金融公庫(旧中小企業金融公庫)相談日当所2階相談室岡本課長
平成20年度福山産業教育振興会企業見学(株)ヒロボー他藤井係長他
※4海外ビジネスセミナー当所301会議室弘芝係長
-ローズサロン11月例会福山ニューキャッスルホテル占部副会頭他
経営実務講座vol.3(2)当所9階会議室山本(順)主事
※511/13福山商工会議所女性会創立40周年記念式典・祝賀会広島県立歴史博物館ほか菅田会頭他
-専門家による無料移動相談会福山卸センター岡本課長
松永経理実務講座(6)当所松永支所石田支所長他
-11/14びんご産業市場オープニングセレモニー広島県立ふくやま産業交流館菅田会頭他
びんご産業市場(〜16日)ふくやま産業交流館片岡課長他
u-Japanフェスタinふくやま2008(〜16日)ふくやま産業交流館小林課長他
平成20年度「北京セミナー・プレセミナー」当所議員クラブ池田部長他
モノづくりセミナー当所301会議室後藤(美)主事他
中国電子タグ(RFID)利活用研究フォーラム広島県立ふくやま産業交流館 研修室小林課長他
第2回情報化推進委員会広島県立ふくやま産業交流館小林課長他



※1 経営実務講座vol.3(11/5)《経営課》

【受講者】
  12名
【概 要】
 おかもと診断士事務所 中小企業診断士 岡本 泰之氏を講師に迎え、「経営者のための財務ポイント講座」をテーマに全4回シリーズの第1回目を開催した。
 講座では、「決算書の仕組みと財務内容の把握」について説明し、貸借対照表や損益計算書の構造と見方や主な経営指標について解説の後、事例を元に財務内容の把握を行った。
 残り3回で、「損益計算とキャッシュフローの違い」、「限界利益菅理」、「経営計画の作成」などについて説明する予定。



※2 「台湾」貿易・投資・技術商談会(11/7)《産業課》

【参加者】
  台湾企業14社、備後地域の企業20社
【概 要】
 (財)台日経済貿易発展基金会の主催により、台湾のメーカー14社が来日して商談会を開催した。
 台湾からは機械加工・素形材メーカーや電子関連部品メーカーが参加し、台湾進出をするためのパートナーを探している備後地域の企業と、取引拡大や業務・技術提携について商談した。



※3 経営革新塾(1)(11/8)《支援センター》

【受講者】
  20名
【概 要】
 福山地域中小企業支援センターでは、当センターコーディネーターとして相談に応じている各分野の専門家を講師に迎え、激変する経営環境の変化に取り組む若手経営者や幹部社員、後継者を対象とした「経営革新塾〜変化に強い組織を創る〜」全6回シリーズの第1回目を開催した。
 初日は、中小企業診断士 伊豆田 功氏が「変化に強い会社を創造しよう」と題し、人材が付加価値を創り出し、優れたリーダーが良い人材を育むと解説し、受講者同士のグループワークを取り入れながら、講義をすすめた。
 中小企業の経営者にとっては、厳しい経営環境を乗り切ることができるよう、生き残りをかけた変革が大きな課題となっている。講座では今後、「いま経営者として何をなすべきか」を明確化させていく予定。



※4 海外ビジネスセミナー(11/12)《産業課》

【受講者】
  50名
【概 要】
 (株)広島銀行、(財)ひろしま産業振興機構と当所の主催により、ビジネス最前線で活躍中の講師を招き、開催した。
 セミナー気任蓮■複丱皀襯ン・チェース銀行 チーフFXストラテジスト 佐々木 融氏が「為替相場の見通しについて」と題して、昨今のアメリカ政府による金融市場安定化対策の米ドル相場への影響など、今後の為替相場動向について分析した。
 次に、セミナー兇任蓮∋杏商事(株)業務部中国室室長 小泉 武嗣氏が「これからの中国ビジネス戦略」と題して、オリンピック後の中国ビジネスの現状と課題解決についてわかり易く解説した。



※5 福山商工会議所女性会創立40周年記念式典・祝賀会(11/13)《総務課》

【出席者】
  羽田福山市長、菅田会頭ほか来賓13名
    神戸ほか中国地方商工会議所女性会会員114名
  福山商工会議所女性会藤原 登世子会長ほか会員52名 計182名
【概 要】
 福山商工会議所女性会創立40周年記念式典を広島県立歴史博物館講堂で開催した。
 式典は羽田 晧福山市長、菅田 秦介福山商工会議所会頭、上西 美智子全国商工会議所女性会連合会副会長等の臨席のもと開催。
 挨拶に立った藤原会長は、「40周年を1つの節目として、次の50周年に向けて会員の絆を深め、女性経営者としての視野を広げる中で、地球環境問題への取り組みなど、全国商工会議所女性会連合会の活動指針に沿って更なる活動を推進していきたい。」と述べた。
 続いて、長きにわたり女性会員として活躍した会員の表彰を行った。
 記念講演では、広島県立歴史博物館 主任学芸員 西村 直城氏が「阿部正弘の人物像(篤姫を大奥へ送った男)」と題して講演。阿部正弘は、NHKの大河ドラマ「篤姫」で俳優草刈正雄が演じ、老中首座として動乱の幕末に日本の進むべき道を切り開いた歴史上重要な人物。参加者は、ここ福山城の7代目藩主であったことなどを興味深く聴講し、続いて、同館で開催中の特別展「徳川家姫君の華麗なる世界」を鑑賞した。
 その後、会場を福山ニューキャッスルホテルに移し、祝賀会を開催した。琴や尺八の清興に始まり、高橋 保子中国地方商工会議所女性会会長の祝辞、続いて藤井当所副会頭の乾杯の後、歓談した。最後に「涙そうそう」の斉唱により盛会裡に会を終了した。



  FCCIライナー第476号目次へ 

  福山商工会議所トップページへ

 
ボットからトラックバックURLを保護しています