2009年01月26日
「広島県公共土木施設災害支援制度の支援者・支援団体の新規募集について」のご案内
 広島県では、平成19年8月22日から「広島県公共土木施設災害支援制度」を開始しています。
 この制度は、大規模な災害が発生した際の迅速且つ的確な情報収集活動とバリケード等の緊急対応を登録者・登録団体に社会貢献活動(ボランティア)として支援いただく制度で、暮らしの安全・安心を確保していくために、この制度をより充実させることとし、新たに支援いただける支援者・支援団体を募集します。

現在登録いただいている
支援者(土木関係者等):
情報モニター80名
支援団体:情報モニター34業者、情報収集活動520業者

支援業務:
情報モニター
1.住民からの通報、通勤途上または現場で発見した被災情報の収集等
2.活動地域を管轄する地域事務所建設(支)局、または広島港湾振興局への報告
情報収集活動
1.予め定められた担当エリアにおける巡回による被災情報の収集等
2.最低限必要な二次災害防止のための応急対策(バリケード設置等)
3.活動地域を管轄する地域事務所建設(支)局、または広島港湾振興局へ報告
※ 土木関係者等の個人の支援者は、情報モニターのみが対象です。
※ 建設業者、測量・コンサルタント業者等の支援団体は情報モニターまたは情報収集活動のいずれかとなります。
※応募資格、応募方法、必要な書類については、「広島県公共土木施設災害支援制度の支援者・支援団体の新規募集要領」をご確認ください。
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/page/1187334268176/index.html

対象施設:
広島県が管理する道路、河川、砂防、港湾等の公共土木施設

認定・登録:
応募者の資格等を確認し、支援者または支援団体として適正と判断される土木関係者、建設業者、測量・コンサルタント業者等について認定および登録します。情報収集活動については、所在地等を勘案のうえ、支援活動を行っていただく担当地域を調整します。

申込方法:2月13日(金)午後5時までにお申し込みください。

申込・問合せ先:
広島県福山地域事務所 建設局
(〒720−0031 福山市三吉町1−1−1)
 TEL:084−921−1311(内線2606)
 FAX:084−931−9236



  FCCIライナー第482号目次へ 

  福山商工会議所トップページへ

 
ボットからトラックバックURLを保護しています