2006年03月27日
福山商工会議所の動き(3/15〜3/24)【FCCIライナー384号】
行事名 場所 出席者
3/15 福山地域中小企業支援センター専門家移動相談会 in 松永・マーケティング編 当所松永支所 片岡支所長他
経営セミナー「ビジネスに、とっても大切なものを見つける」セミナー(5) 当所松永支所 片岡支所長他
※1 3/16 平成17年度第2回産業観光ツアー こだま食品(株)他 福永部長他
※2 福山商工会議所女性会企業視察研修会 白鳳堂他 藤本書記
消費税個別相談日 当所2階相談室 小畠(宏)係長
パソコン実務講座vol.3 当所6階パソコン教室 岡本係長他
3/17 消費税個別相談日 当所2階相談室 小畠(宏)係長
※3 ITセミナー「ブログをビジネスで活用する」 福山YMCA 小林課長他
※4 地域間交流ツアー(〜3/18) 大牟田市他 福永部長他
3/20 金融審査会 当所第2応接室 林副会頭他
※5 3/22 松江商工会議所観光サービス部会等との交流懇談会 当所303会議室 皿谷専務理事他
中小企業金融公庫相談日 当所2階相談室 石田課長
3/23 消費税個別相談日 当所2階相談室 小畠(宏)係長
中国ビジネス研究会役員会 当所第2応接室 弘芝係長
3/24 消費税個別相談日 当所2階相談室 小畠(宏)係長
正・副会頭会議 当所会頭室 菅田会頭他
※6 第141回通常議員総会 当所301会議室 菅田会頭他
定例記者会見 当所303会議室 菅田会頭他
議員総会懇親会 福山ニューキャッスルホテル 菅田会頭他


※1 平成17年度第2回産業観光ツアー(3/16)《産業課》

【参加者】参加者17名 事務局2名 計19名
【概  要】
 今年度2回目の産業観光ツアーは、「食品」をテーマに開催、3事業所を訪問した。
 初めに乾燥野菜食品メーカーのこだま食品(株)の工場を見学。同社は主に野菜をチップ・パウダー・スライス状に乾燥・加工した商品約200種を製造している。その他健康食品素材や青汁などを取り扱う。工場内では加工の前の原料の中の異物除去や、商品のパック詰め、品質検査などの工程を担当者の説明を受けながら見学した。
 次に、畜産・食肉加工販売の(株)なかやま牧場を訪問。先に加茂町にある農場を見学し、牛舎を見ながら、飼育の環境や方法などについて説明を受けた。加茂農場では現在5,500頭の牛が飼育されており、牛舎には、牛がストレスを溜めずに健康に育つよう様々な工夫が凝らされていた。
 加茂工場見学後、駅家町の本社及び食肉流通センターに移動し、加工過程をガラス越しに見学後、参加者はここで生産加工された肉でバーベキューを楽しんだ。
 最後に漬物製造の備後漬物(有)を訪問。会社の概況について説明を受けた後、生産工場、物流倉庫などを見学した。


※2 福山商工会議所女性会企業視察研修会(3/16)《産業課》

【出席者】22名
【概  要】
 当所女性会の研修事業として、安芸郡熊野町の(株)白鳳堂の企業視察会を実施した。
 同町は約200年の歴史をもつ書道筆の産地として有名で、現在120以上の製造元が操業しており、全国生産量の約80%を占めている。その中にあって(株)白鳳堂は、月産約50万本の生産能力を有する大手化粧筆メーカーとして業界をリードし、国内外の大手化粧品メーカーやメイクアップアーティスト系ブランドの化粧筆を供給している。
 工場見学では、筆の出来上がるまでの工程やそれぞれの職人が行う作業、材質や毛の種類による違いなどについて説明を受けた。
 同社はすべての工程を手作業で行っており、大量生産には時間が掛かるが、多くの受注があり、技術に信頼をいただいているとのことであった。
 この後、熊野町の筆の歴史や作品の展示を行っている「筆の里工房」、呉市の「大和ミュージアム」を見学した。


※3 ITセミナー「ブログをビジネスで活用する」(3/17)《情報課》

【出席者】19名
【概  要】
 (株)ドリームネッツ 川合 敬三氏を講師に迎え、「ブログをビジネスで活用する」をテーマにITセミナーを開催した。
 最近、自分の意見や日記をインターネット上で簡単に公開できるブログが普及し、また企業ホームページをブログで作成したり、商品販売をするなど、様々な形態でビジネスにブログを活用する事業者も増えている。
 セミナーでは、ブログの概要とその内容、RSS配信、トラックバックなどの特性について説明。後半では受講者全員で実際にブログサービスを使用し、ブログの操作方法について体験した。
 「受講者からはビジネスに活かせるブログの新しい利用方法がわかった」、「実際にパソコンから操作し、ブログのページを作ることで、簡単に作成できることがわかった」などの意見があった。


※4 地域間交流ツアー(3/17〜18)《産業課》

【参加者】豊田地域経済委員長他23名、事務局3名 計27名
【概  要】
 地域経済委員会、環境委員会、商店街振興対策特別委員会の主催で大牟田商工会議所との地域間交流ツアーを開催した。 
 初日は、はじめに大牟田市内のエコタウン施設(リサイクル発電所、RDFセンター、エコサンクセンター)を見学。石炭産業から環境・リサイクル産業を推進する中核施設であり、市民との協働による全市一体となった取り組みについて、市の担当者より説明を受けた。
 その後ホテルにて大牟田商工会議所との交流懇談会・懇親会を開催。大牟田側からは商業対策・環境・地域開発各委員会の委員長はじめ9名が出席し、大牟田市の概況、歴史、商業等の状況、中心市街地活性化の取り組みなどについて説明を受けた。
 2日目は明治期の三井財閥の社交場「三井港倶楽部」を見学し、その後大牟田商工会議所の商業振興担当者随行のもと、商店街を視察した。午後からは柳川市へ入り、川下りにより街を巡った。この時期の柳川は雛祭り「さげもん祭り」が開催されており、参加者の目を楽しませた。
 環境・リサイクル産業を柱とする大牟田市と、対照的に観光振興に力を注ぐ柳川市を同時に視察することで、参加者はまちづくりの地域特性をあらためて認識したツアーとなった。


※5 松江商工会議所観光サービス部会等との交流懇談会(3/22)《産業課》

【出席者】皿谷専務理事他7名
【概  要】
 産業観光先進地視察として、松江商工会議所より観光サービス部会員を中心に8名が来福し、交流懇談会を開催した。
 まず福山商工会議所より、過去に実施した「産業観光ツアー」の概要説明を行った。地元の工場や地場産業を観光資源と位置づけ、ものづくり体験コースを企画するなど工夫を凝らした取り組みを行なっている点を強調した。
 次に松江商工会議所より、県境を越えて観光振興に取り組む「広域観光連携事業」について説明を受けた。松江、米子、安来、境港各会議所が観光振興に関する委員会の事務局をそれぞれ受け持ち、民間による事業化を目指して研究を実施している。
 松江は「水面活用委員会」の事務局であり、中海に遊覧船を就航させる取り組みを行い、今秋の本格運行を企画している。
 双方事例発表後、意見交換を行い閉会。その後ホーコス(株)、(株)エフピコを工場見学した。


※6 第141回通常議員総会(3/24)《総務課》

【出席者】菅田会頭、林・藤井・天野・占部副会頭、議員54名、皿谷専務理事、事務局15名 計75名
【概  要】
 平成18年度事業計画(案)並びに同一般会計収支予算書(案)及び各種特別会計収支予算書(案)について審議され、各議案とも異議なく、原案通り可決決定された。
 また、副会頭の選任については、占部誠常議員が選任され、全員一致の賛成により3月24日付けで副会頭への就任が決定された。


FCCIライナー第384号 目次へ


 
ボットからトラックバックURLを保護しています