2009年07月15日
広大出前講座「緊急事態から会社を守る事業継続計画(BCP)」のご案内

〜大地震が起きたら…、新型インフルエンザが流行したら…経営者であるあなたは何を考えますか?〜

 災害大国日本。災害など緊急事態に遭遇した時、多くの経営者は「従業員の安全を確保したい」、「事業を早期に復旧したい」、「顧客の信用を確保したい」などと考えるでしょう。
 このような経営者の思いに基づいて、事前に緊急時の対応などを検討し、その内容を取りまとめた計画がBCP(Business Continuity Plan:緊急時企業存続計画または事業継続計画)です。BCPを導入することは、あらゆる企業にとって重要なことです。このBCPが有効であることは、米国での2001年9.11同時多発テロの時に実証され、国内でも自然災害発生時に実際に役に立った例が報告されています。今回は、緊急事態から会社を守り、一刻も早く事業の復旧・継続につなげるため、BCP策定の実践的なポイントを解説します。
 この機会に、ぜひご受講ください。

主  催:
福山商工会議所・福山地域中小企業支援センター、広島大学福山サテライトオフィス・広島大学地域連携センター
日  時:平成21年8月20日(木)午後1時30分〜4時30分
場  所:
福山商工会議所 1階 102会議室

講  師:
広島大学大学院総合科学研究科 行動科学講座 教授 坂田 桐子氏
      中電技術コンサルタント株式会社 河川防災グループ 部長 籠田 純士氏
内  容:
[担当:坂田]1)緊急時、人はどのようにものを見るか
         2)緊急時、人はどのように行動するか
         3)平常時からとっておくべき対策とは:組織ぐるみの安全文化醸成を
[担当:籠田]1)東海豪雨、尼崎事故等での企業のBCPに関する事例
         2)BCP計画の作成要領について(何から、何を、どのように、守るか)
         3)会社復旧(事業継続)のための状況判断の要領・方法
         4)BCP以外の危機管理活動について
受 講 料:無料
定  員:50名
申込方法:事業所名、所在地、電話番号、FAX番号、業種、参加者氏名を記入して、FAXしてください。
       また、当所ホームページからのお申し込みもできます。
       http://www.fukuyama.or.jp/seminar/090820hirodai/ 
    
申込・問合せ先:福山商工会議所 経営課 
TEL:084−921−8734、FAX:084−922−0100

  FCCIライナー第499号目次へ 

  福山商工会議所トップページへ