2006年04月25日
「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度に関するホームページ掲載及び制度説明会」について
 改正された地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)に基づき、平成18年4月1日から、温室効果ガスを相当程度多く排出する者(特定排出者)に、自らの温室効果ガスの排出量を算定し、国に報告することが義務付けられます。
 制度概要の説明、必要な様式のダウンロード及び関連資料が参照できるホームページが開設されました。
ホームページ:http://www.env.go.jp/earth/ghg-santeikohyo/
 また、環境省では、温室効果ガス排出量の算定・報告・公表制度の周知を図り、特定排出者における温室効果ガス排出量の適切な算定・報告に役立てるため、説明会を次のとおり開催します。

主  催:中国四国地方環境事務所
日  時:平成18年5月26日(金)午後2時〜5時
      平成18年7月 5日(水)午後2時〜5時
場  所:広島商工会議所(広島市中区基町5−44)
参 加 料:無料
申込方法:ホームページより申込書をダウンロードし必要事項を記入のうえ、FAXで中国四国地方環境事務所広島事務所へお申し込みください。
ホームページ:http://www.env.go.jp/earth/ghg-santeikohyo/setsumeikai/index.html
申込・問合せ先:中国四国地方環境事務所広島事務所
            TEL 082−511−0006、FAX 082−211−0455


FCCIライナー第387号 目次へ

 
ボットからトラックバックURLを保護しています