2010年01月25日
○ 「改正育児・介護休業法」説明会のご案内

http://www.hiroroudoukyoku.go.jp/news/news_100112_1.pdf

急速に進行する少子化の原因の一つとして、仕事と子育ての両立に対する負担感が指摘されています。
男性を含めたすべての人が、仕事と子育てを両立でき、「多様な働き方」を選択できるよう、それぞれの企業等においても働き方を見直していくことなどの取り組みが求められています。
こうした中で平成21年6月24日に「改正育児・介護休業法」が成立し、平成22年6月30日より施行されることとなりました。また、平成23年4月1日からは「次世代育成支援対策推進法」に基づく、「一般事業主行動計画」の策定・届出等が101人以上の労働者を雇用する事業主に義務付けられます。
広島労働局では、各企業で法に沿った雇用管理と次世代育成支援対策への積極的な取り組みがなされるよう「改正育児・介護休業法」説明会を開催しますので、ご参加ください。

主  催:
広島労働局・広島県・福山市
後  援:
広島県経営者協会・広島県中小企業団体中央会・広島県商工会連合会・福山商工会議所(次世代育成支援対策推進センター指定団体)
日  時
平成22年3月4日(木)14:00〜16:00
場  所:
まなびの館ローズコム  (福山市霞町1−10−1)
対  象:
事業主・企業の人事労務担当者等
内  容:
1.育児・介護休業法の改正について
2.改正次世代法に基づく行動計画の策定方法について
申込方法:
広島労働局より参加申込書を入手のうえ、必要事項を記載し、FAXでお申し込みください。 
       
申込・問合せ先:
広島労働局 雇用均等室
TEL:082−221−9247
FAX:082−221−2356