2006年05月25日
福山商工会議所の動き(5/15〜5/24)【FCCIライナー389号】
行事名 場所 出席者
5/15 金融審査会 当所第2応接室 林副会頭他
※1 5/17 SPRING FURNITURE FAIR 2006IN  FUKUYAMA (〜5/18) 広島県立ふくやま産業交流館 菅田会頭
※2 中小企業等総合相談会 当所101・102会議室 加古川部長他
5/18 広島県東部港湾振興協会福山港部会理事会・総会・意見交換会 福山ニューキャッスルホテル 皿谷専務理事他
退職金相談日 当所2階相談室 野島課長
※3 5/19 2006就職ガイダンスPart2 福山ニューキャッスルホテル 岡本係長
※4 5/20 福山ばら祭2006(〜5/21) 緑町公園他 菅田会頭
第2回議員親睦ゴルフ大会 福山カントリークラブ 林副会頭他
岡崎商工会議所との懇談会 福山ニューキャッスルホテル 林副会頭他
※5 5/22 第1回広島大学コラボサロン 当所305会議室 楠本主事
5/23 広島県東部港湾振興協会松永港部会役員会・総会・意見交換会 木材会館 皿谷専務理事他
5/24 中小企業金融公庫相談日 当所2階相談室 石田課長
福山異業種情報交流会役員会・総会 福山ニューキャッスルホテル 石井常務理事他


※1 SPRING FURNITURE FAIR 2006 IN  FUKUYAMA(5/17〜18)《産業課》

【来場者】1,200名(2日間合計)
【概  要】
 福山・鳥取・岡山・島根・徳島を中心に家具メーカー43社が集まり、春の新作展示会を2日間の日程で開催した。
 福山家具組合連合会主催の展示会で、自然志向のテーブルやタンス・ベッドなど、約1,500点が出品された。
 本展示会は招待者のみが入場でき、全国からバイヤーが訪れ、商談を行った。


※2 中小企業等総合相談会(5/17)《経営課》

【出席者】説明会110名、個別相談件数30件
【概  要】
 新市場・成長分野へ果敢にチャレンジしている活力ある中小企業を育成、支援するため、広島県、福山市、広島県商工会議所連合会等が主体となって、平成18年度の国・県の中小企業関係重点施策、県・市等の各種融資制度・雇用安定に関する各種の助成措置等の説明会および個別相談会を開催した。
 説明会では広島県、中国経済産業局、(独)中小企業基盤整備機構、(財)ひろしま産業振興機構、(独)雇用・能力開発機構等から施策の説明が行われた。
 その後、金融・経営・労務・技術等部門別に相談コーナーを設け、関係機関の職員が個別相談に応じた。
 もっとも多かったのは、事業拡大や開業して資金ショートなどの金融相談、次に助成金、雇用に対する相談であった。


※3 2006就職ガイダンスPart2(5/19)《経営課》

【出席者】参加企業91社、大学、短期大学、専門学校等を来春卒業予定の学生410名
【概  要】
 福山市、府中市の2市で構成されている福山地方雇用対策協議会では、4月に実施したPart1に続き、来春大学・短期大学・専門学校を卒業する予定の学生を対象に、会社説明会を開催した。
 参加企業は昨年より29社多い91社で、学生は昨年より160名少ない410名の参加であった。
 企業側は求人数を増やす等、積極的になってきている一方、早めに内定を出す企業もあることから参加学生は減少した。


※4 福山ばら祭2006(5/20〜21)《産業課》

【来場者】約84万人(主催者発表)
【概  要】
 「来て!観て!遊んで!みんなで感じるばら祭!」をテーマに、市制施行90周年事業「第39回福山ばら祭2006」(福山祭委員会主催)が開催され、ばら公園、緑町公園、市内中心部商店街の各会場で多彩なイベントが行われた。天候にも恵まれ人出は過去最多の約84万人となった。
 福山市商店街振興組合連合会では、ばら祭期間中、緑町公園でびっくり掘り出し市、中央公園では、ワールドマーケットとして、フリーマーケット・骨董市などを実施。市内中心部商店街においても、大道芸やタウンウォークを開催したほか、中央公園野外音楽ドームでは広島エフエム放送の公開録音で、鈴木 聖美他9名のミュージシャンによるライブ「ウッドサウンド ライブフェスタフクヤマ2006」が開かれ、大勢の人が詰めかけた。
 毎年恒例の当所女性会主催による「サイコロコロコロゲーム」は、緑町公園内わんぱく広場内で開催、両日とも午前と午後の2回行い、約1,200人の参加があった。
 また、フィナーレを飾るローズパレードには、市民や国内外の計40団体・2,400人が参加、「ミュージックパレード」「ダンスパフォーマンス」など4つの部門別に各団体が演奏・演技・装飾を競い合い、パレードを盛り上げた。


※5 第1回広島大学コラボサロン(5/22)《支援センター》

【出席者】13名
【概  要】
 広島大学サテライトオフィスでは、備後地域における産学官連携・生涯学習・大学の地域連携を推進するため、広島大学教員と市民や学生・企業・団体など気軽な語り合いの場「コラボサロン」を4月に開設、ふくやまキャリアアドバイザー研究会主催によりはじめてのコラボサロンを開催した。
 コラボサロンとは、市民グループから興味があるテーマ、または話を聞きたい教員、希望日などの申し込みを受け付け、サテライトオフィスがテーマに応じた教員の人選・日程調整を行い、申込みのあった団体が主催することにより実施するもので、福山地域中小企業支援センターがバックアップする。
 第1回目は、広島大学大学院教育学研究科 島津 明人助教授を講師に迎え、「産業健康心理学と最近の話題について」をテーマに開催。
 心理学の分野でも新しい領域である産業健康心理学を中心に、労働者に見られるこころの問題や日本の職場のメンタルヘルス活動の展開状況、海外におけるメンタルヘルス対策の概要説明のあと出席者の事例発表や活発な意見交換が行われた。
 第2回目は、6月開催の予定。



FCCIライナー第389号 目次へ
 

ボットからトラックバックURLを保護しています