2010年12月27日
☆ 会議所の動き ☆(12/15〜12/24)
行事名場所出席者
 12/15松永地域異業種交流会臨時総会季節料理 光哉小畠支所長他
※112/16海外ビジネスセミナー「為替相場の見通しについて」当所102会議室福永理事・事務局長他
 青年部臨時会員総会並びに12月忘年例会当所301会議室他横藤田青年部会長他
福山赴任者倶楽部12月例会中華ダイニング 青冥福永理事・事務局長他
※212/18商店街振興対策特別委員会ふくふく他藤井副会頭他
 12/19環境社会検定試験当所101会議室他福永理事・事務局長他
 12/21「国際ビジネス研究会ベトナム・ダナン視察会」反省会ビストロ・ガリュー石井専務理事他
 12/22福山城アートプロジェクト実行委員会当所2階会議室福永理事・事務局長他
※312/24都市づくり委員会中華ダイニング 青冥占部副会頭他


※1 海外ビジネスセミナー「為替相場の見通しについて」(12/16)《産業課》
【受講者】44名
【概 要】
シティバンク銀行 高島 修氏(チーフFXストラテジスト)を講師に迎え、「為替相場の見通しについて〜2011年の為替相場展望〜」をテーマに開催した。
講師の高島氏は、現在トップアナリストとして活躍中で、今後の米ドル相場については、徐々に円安ドル高に向かうとの見通しを示されるなど、最新の為替相場動向と今後の見通しについて分かりやすく解説した。景気回復の見通しが不透明な中、株価や為替相場の変動が激しい昨今、今後の為替相場のポイント・動向を知る上で、各受講者の企業経営にとって大いに参考になった。


※2 商店街振興対策特別委員会(12/18)《産業課》
【出席者】
藤井副会頭、石井専務理事、眦聴儖長、ほか委員6名、福永理事・事務局長 事務局2名 計12名
【概 要】
中心市街地の現状と取り組みについて、実際に商店街の各施設を歩いて回り、目で見て、肌で感じることができるように視察会を実施した。
まず、当所直営店「ふくふく」を視察し、中心部の空洞化に歯止めをかけるべく、さまざまな仕掛けづくり・取り組みについて概要を説明、委員も興味深く質問をしていた。
次に福山本通商店街振興組合が運営する、まちなか情報室「ぜっぴ」を視察し、施設の立ち上げから運営状況の説明を受けた。
その後、(財)備後地域産業振興センターが運営する「備後ふくやま丸ごと物産館」を視察した。
商店街の現状や、さまざまな取り組みを目の当たりにする中で、今後の福山市の中心市街地を形成するためには、商店主の自助努力はもちろん、どのような事業が必要か、どのような施策が必要なのかなど、委員からも積極的な意見が出された。


※3 都市づくり委員会(12/24)《産業課》
【出席者】
占部担当副会頭、石井専務理事、内海委員長、ほか委員12名、福永理事・事務局長、事務局2名 計18名
【概 要】
駅前整備、50万都市にふさわしいインフラ整備、総合特区制度の研究などについて、内海委員長より、できるところから声を出して、関係団体との連携により、一つ一つ具現化に向けて進んでいきたいなどの今後の方向性について発言があった後、駅前の整備について(伏見町再開発・地下送迎場・JR福山駅)、50万都市にふさわしいインフラ整備について(福山北産業団地、福山中央インターチェンジ、福山サービスエリアへのスマートインターチェンジの設置と道路整備、大規模跡地の活用)、総合特区制度の研究等について項目ごとにポイントを石井専務理事が説明し、フリーディスカッションを行った。今後、各項目について継続協議していくことになった。


  FCCIライナー第550号目次へ

 
  
福山商工会議所トップページへ