2006年07月25日
「高等学校等卒業者の就職環境充実へご協力を」 〜広島県からのお願い〜
 広島県における今年3月末現在の新規高等学校卒業者の就職率は、96.3%と前年同期に比べ2.1ポイント増加したものの、就職希望者のうち約130名は就職先が決まらないまま卒業するという就職環境にあります。
 高等学校では、生徒が将来、社会人・職業人として自立していくために必要な意欲・態度や能力を身につけるキャリア教育を積極的に取り組んでいます。
地域社会の発展、後継者育成および企業の社会的責任に配慮し、新規高等学校等、卒業者の求人枠の早期確保・拡大やインターシップの受入などにご協力くださいますようお願いいたします。


FCCIライナー第395号 目次へ

 
ボットからトラックバックURLを保護しています