2012年04月16日
「広島県未来チャレンジ資金制度」のご案内

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/72/challenge-koubo.html

広島県では、これまでの発想や手法にとらわれることなく、新しいアイデアでモノや情報、仕組みなどを組み合わせて新たな価値を創造していく「イノベーション」の創出により、県内産業の競争力強化を図っています。このため、イノベーション創出に寄与する知識を習得する方を対象に、必要な資金を貸し付ける制度を創設しました。ぜひご活用ください。

対 象 者:
大学院等専門課程において、県内産業の持続的発展に不可欠なイノベーションの創出に寄与する知識を習得する方で、修了後、広島県内企業等に就業(注)しようとする方
 (注)「広島県内企業等に就業」とは次のいずれかによる
  (1)広島県内本社の企業に就業
  (2)広島県外本社の企業の広島県内事業所に就業
  (3)広島県内に本店または主たる事務所等を置いて事業を営む場合
    ※在学生の応募も対象
    <その他の要件>※すべてを満たす必要があります
  (1)入学年の4月1日現在で35歳未満の者
  (2)日本国籍を有する者または日本への永住が許可されている者
  (3)企業または官公庁等における実務経験を2年以上有する者
  (4)企業または官公庁等の派遣による修学でない者
  (5)他の奨学金等を受給していない者
  (6)過去に当該資金の貸付けを受けたことがない者
支給対象:
入学金、授業料および通学のために転居した場合の住居の賃借料(光熱水費、敷金、礼金等は除く)※在学生の場合、入学時期によって授業料のみが対象となる場合があります。
貸 付 額:
貸付期間における支給対象の合計額を貸付期間の月数で除した額、または次の限度額のいずれか低い額を限度とします。
  (1)国内 月額10万円  (2)国外 月額20万円
貸付期間:
修学期間内 ただし、2年間を上限
(留年した場合は、当該課程の通常の修業年限が満了する日)
返還の免除:
大学院等専門課程を修了後9年間の内の8年間以上、広島県内企業等に就業した場合は資金の返還を全額免除します。※その他一部免除できる場合もあります。
受付期限:
1次募集締切 平成24年6月29日(金)
2次募集締切 平成24年9月28日(金)※1次募集、2次募集ともに、当日の消印有効
受付時間:
8:30〜17:00(土・日・祝日を除く)
面 接 日:
申請された方に、別途お知らせします。
応募方法:
上記の詳細ウェブサイトに掲載している募集要項内の所定の様式に必要事項を記載し、添付資料を添えて、郵送または持参により応募(提出)してください。

  応募・問合わせ先:広島県商工労働局 産業人材課 人材育成グループ
                TEL:082−513−3420
                FAX:082−222−5521
                E−MAIL:syojinzai@pref.hiroshima.lg.jp


  
FCCIライナー第595号目次へ

  
福山商工会議所トップページへ