2012年12月25日
☆会議所の主な動き☆(12/15〜12/24)
1.福山港港湾使用料に関する要望活動(12/21)《産業課》
【出席者】当所藤井副会頭、福永理事・事務局長、府中商工会議所和田専務理事、福山市・府中市・当所事務局3名 計6名
【概 要】広島県港湾振興部の新山課長、角参事の案内で、城納副知事、林県議会議長に対し、福山港国際コンテナターミナルの使用料について要望した。藤井副会頭が、「非常に厳しい経済情勢の中で、福山港を利用する荷主は500社にもおよぶ中小企業であるので、現行の減免使用料が本則料金に戻ればコスト増になり企業の競争力が失われる。また、料金の安い他港に荷物が流れると福山港の衰退にも繋がるので、現行の特別料金を通常料金に設定していただくか、一定期間、特別料金を継続していただきたい」と説明・要望を行った。城納副知事からは、「福山港の現況は良く理解しているので、知事にも要望があったことを伝え、ご要望に添うようにしたい」と回答があった。林議長からも「要望の趣旨はよくわかったので、議会としても理事者側と協議してご要望にお応えすべく努力したい」との回答をいただいた。


  FCCIライナー第619号目次へ

  福山商工会議所トップページへ