2013年03月15日
☆ 会議所の主な動き☆(3/5〜3/14)
1.港湾整備特別委員会(3/5)《産業課》
【出席者】藤井副会頭、杉谷委員長、喜多村副委員長、委員2名、オブザーバー2名、
石井専務理事、福永理事・事務局長、事務局3名、計12名  
【概 要】広島県土木局港湾振興課 ポートセールス担当監 村田 栄治氏を講師に迎え、「平成24年度タイ(バンコク)ポートセールス」と「広島県の助成制度」についてご説明いただいた。タイ(バンコク)ポートセールスは、県内港から東南アジアへの航路延伸や利用促進を目的としたもので、平成24年5月と平成25年1月の2回実施した。1月のポートセールスには、広島県東部港湾振興協会と広島港振興協会の会員等12名が参加。広島県からタイに進出している企業の訪問や、広島銀行主催のひろぎん広友会において、参加者約200名に対して、県内港の物流機能や国際コンテナ定期航路、今後の取組方針等についての発表を行った。
また、広島県による、海外コンテナ定期航路誘致、県内港取扱貨物増加に向けた助成制度について説明。国際コンテナ船を新規就航する船会社に対し、入港料および岸壁使用料の1年間免除、新規に県内港を利用する荷主企業や県内港既存利用荷主のうち一定量以上の貨物増加する荷主企業に対し、コンテナ貨物1TEUあたり5千円の助成などを行う。ただし、助成制度については、現在県議会に上程中のため、3月15日の閉会までに詳細を詰め具体的なものを作り、広報していくとのことである。また、昨年12月21日、12月27日に、当所が行った要望活動に対する県の対応状況について説明された。

2.松江・福山商工会議所工業部会長等懇談会(3/6)《産業課》
【出席者】松江商工会議所6名、赤松副会頭、小林(敏彦)機械金属工業部会長、唐川議員(広島県東部機械金属工業(協)理事長)、石井専務理事、福永理事・事務局長、事務局3名 計14名
【概 要】平成27年度の中国横断自動車道尾道松江線の開通を見据えて、当所および広島県東部地域とのものづくり、ビジネスマッチング等に向けた連携の可能性を協議するため、松江商工会議所工業部会長他一行が来所し、懇談会を開催した。今後、定期的な交流、懇談会等の開催に向け、まずは、次年度に松江商工会議所を中心とした島根県東部のものづくり企業等訪問団が福山を訪れ、交流事業を行うことになった。その他、ビジネス交流会への相互参加や企業見学会等連携の詳細については、引き続き事務局レベルで協議していくことになった。

3.第345回常議員会(3/8)《総務課》
【出席者】林会頭、藤井・占部・赤松・松本副会頭、石井専務理事、常議員15名、
福永理事・事務局長、事務局5名 計27名
【概 要】まず、来たる3月29日の通常議員総会に提案する議案について議決を求めた。議案第1号事業計画書並びに議案第2号から議案第13号までの一般会計ほか、各種会計収支予算について議案ごとに審議を行い、原案どおり承認された。次に、福山商工会議所特定退職金共済制度規約の一部改正について審議を行い、承認された。また、新入会員入会審査について審議し、平成25年2月21日〜3月6日までに申し込みのあった希望数33件(うち特別会員7件)について全件の入会が承認された。なお、この度承認された33件については、平成25年度より入会となる。これにより3月8日現在の会員数は4,961会員となった。

4.3月議員全員協議会(3/8)《総務課》
【出席者】林会頭、藤井・占部・赤松・松本副会頭、石井専務理事、議員45名、
田原女性会会長、池田青年部副会長、福永理事・事務局長、事務局9名 計63名
【概 要】平成24年度最後の議員全員協議会として、2部会・13委員会ならびに女性会、青年部について、活動事業報告と来年度に向けての方針を説明した。


  FCCIライナー第626号目次へ

  福山商工会議所トップページへ