2006年09月25日
福山商工会議所の動き(9/15〜9/24)【FCCIライナー401号】
行事名 場所 出席者
※1 9/15 第55回備後地区生徒児童発明くふう展審査会 当所101会議室 石井常務理事他
広島県東部港湾振興協会福山港部会役員会 当所2階会議室 福永部長他
簿記基礎講座 当所102会議室 西尾主事
9/16 創業塾 当所102会議室 猪原課長他
※2 講演会「日々の食事で仲間づくり」 ふくふく 福永部長他
9/17 第1回1級第11回2級DCプランナー検定試験 当所 山波係長他
※3 第13回ゲタリンピック2006 JR松永駅周辺他 菅田会頭他
※4 9/19 パソコン実務講座 Vol.1 当所6階パソコン研修室 岡本係長他
地域経済委員会正副委員長会議 当所第2応接室 石井常務理事他
金融審査会 当所第2応接室 林副会頭他
日商検定販売士2級検定試験対策講座 当所2階会議室 住田係長
※5 9/20 コミュニティカフェ視察会 安芸津町 福永部長他
簿記基礎講座 当所102会議室 石田課長
(※1) 備後地域生徒児童発明くふう展作品展示会(〜9/25) ふくふく 藤井主事
9/21 パソコン実務講座 Vol.1 当所6階パソコン研修室 岡本係長他
※6 9/22 9月議員全員協議会 当所301会議室 菅田会頭他
※7 第278回常議員会 当所302会議室 菅田会頭他
定例記者会見 当所303会議室 菅田会頭他
正・副会頭会議 当所会頭室 菅田会頭他
簿記基礎講座 当所102会議室 小畠(宏)係長
福の山魅力づくりプロジェクト9月例会 当所304会議室 後藤(学)係長他
9/23 創業塾 当所102会議室 猪原課長他
(※1) 備後地域児童生徒発明くふう展表彰式 ふくふく 石井常務理事他
福山少年少女発明クラブ例会 ポリテクカレッジ福山 後藤(裕)係長



※1 第55回備後地区生徒児童発明くふう展審査会・展示会・表彰式 (9/15〜25)《産業課》

【出席者】審査会:審査員20名
【概  要】
 発明協会広島県支部備後支会などは、小・中学生から応募のあった手づくり発明品301点(内訳:自由作品部門小学校の部186点、同中学校の部91点、計277点 課題作品部門(モビコン部門)小学校の部12点、中学校の部12点、計24点)の審査会を9月15日(金)に開催した。
 審査の結果、個人の部では松本賞・佐藤賞など51点、団体の部では8団体が各賞に選ばれた。入賞作品は10月にある広島県大会に出品される。
 自由作品部門の最高賞にあたる松本賞には、庄原市立東城小学校4年 佐々木 楓さんの自転車走行中ブレーキをかけるとヘルメット後部のライトが点灯する「安全ストップバックライト」、佐藤賞には広島大学付属福山中学校3年 松田 ゆり子さんのタッチペンを使うゲーム機にヒントを得た「自由に絵や文字の描けるトースター」が選ばれた。
 出品された全ての作品は、9月20日(水)〜25日(月)の間、ふくふく(本通商店街)で展示、23日(土)には同会場で各賞受賞者の表彰式を開催した。
 表彰式には、個人入賞者33名、入賞団体5名、授与者12名など約80名が参加。
 出品作品は、今後尾道・三原・府中・庄原・三次会場を巡回する予定。



※2 講演会「日々の食事で仲間づくり」 (9/16)《産業課》

【受講者】21名
【概  要】
 昨年のPart気紡海、今年度も取り組んでいる福山市立女子短期大学との連携事業「高齢化社会でのコミュニティビジネスを考えるPart供廛轡蝓璽困梁茖臆麑椶魍催した。 
今回は、福山市立女子短期大学 生活学科教授 加納 三千子氏を講師に迎え、「日々の食事で仲間づくり−日本におけるコミュニティカフェの実例」がテーマ。
 講演会では、街の文化・伝統を見直し、地域資源を取り戻す運動として、地産地消と食育に取り組む今治市、出産前後および一人親家庭などに食事サービスを提供している(財)調布ゆうあい福祉公社(東京都調布市)、商店街振興組合の賛同者で資金を募り、学校給食や病院に売店やレストランを展開しているアモール東和(株)(東京都足立区)、週3回の昼食会を開催し、利用者に好評の東広島市安芸津町ふれあいサロン「ひだまりの家」など、全国9カ所の実例を紹介。
 講師は、配食・共食サービスを行うことで、「食」を媒介にコミュニケーションを図り、「食」がコミュニティづくりにいかに重要であるかを強調した。



※3 第13回ゲタリンピック2006 (9/17)《松永支所》

【来場者】約55,000名
【概  要】
 「まつなが発 未来発進」〜あなたの夢は〜をテーマに、第13回ゲタリンピック2006を開催した。オープニングセレモニーは、羽田市長、中津県議会議員、菅田会頭、皿谷専務理事ほか26名の来賓を迎え、JR松永駅南口に設置したふれあいステージで行われた。
 JR松永駅周辺では、ふれあいステージでの催しや、約90近くの飲食や物販のブースに来場者が足を止め、国際交流広場では異文化交流の催しなどで賑わった。
 ゲタ競技会場では恒例の巨大ゲタさばりやゲタタワーなどが行われ、第二会場(イズミゆめタウン南端)ではノコギリ競争が暴風のため中止となったが、メインイベントのゲタとばしでは一般男子の部で世界記録が大幅に更新されるなど、大いに盛り上がった。
 悪天候により開催が危ぶまれた今回のゲタリンピックは、雨はほとんど降ることなく、5万5千人におよぶ来場者で賑わったが、午後3時頃より台風の影響で風が次第に強くなり、予定の繰上げや一部競技を中止にするなどの措置をとり、予定より1時間早い午後6時に終了した。



※4 パソコン実務講座vol.1 (9/19)《経営課》

【受講者】計17名(Aコース:8名 Bコース:9名)
【概  要】
 事業主や従業員で日頃よりExcelを使用し簡単な文書(表)を作成できる方を対象とした講座を全4回シリーズで開催、講座の内容は同じで開催時間が違う2コースを設けた。
講座では、アナログ文書をデータ化し、いかに効率よくExcelを利用し、データの集計や統合、抽出機能を使いこなせるようノウハウを習得。
 第1回目はあらかじめ用意された名簿をExcelの表に打ちかえる作業をし、個々のパソコンに対するレベルやExcelの使い方を見ながら講座を進めた。



※5 コミュニティカフェ視察会 (9/20)《産業課》

【参加者】20名
【概  要】
 福山市立女子短期大学との連携事業の一環として9月16日の講演会のテーマであったコミュニティカフェを実際に見学するツアーを開催、東広島市安芸津町のふれあいサロン「ひだまりの家」を訪問した。
 この施設は設備・維持費用は官(市と社会福祉協議会)が負担し、運営は民間のボランティアが行っており、自立支援型グループホームや子育て支援住宅を併設している。利用にあたっての年齢制限は無く、介護予防の観点から、介護保険で自立と認定された高齢者や、一人暮らしの高齢者が主な対象となっている。この施設は現在週3回開かれ、1人あたり1回300円で昼食を提供、一日平均37名の利用がある。
見学会参加者も施設利用者と一緒に食事し交流を深めたが、この施設の特徴として、利用者が寄り集まって食事をとる「共食」サービスの実施が挙げられる。
 また、これらのサービスは全てボランティアで行い、支える側も自分の得意な分野で能力を発揮し、ボランティア同士でネットワークづくり、人間関係の構築をはかっている。
 見学会参加者は、食事やレクリエーションを通じて高齢者とふれあうことで、利用者間のコミュニケーションづくり、そしてコミュニティづくりに果たす「食」の役割を認識した。



※6 9月議員全員協議会 (9/22)《総務課》

【出席者】菅田会頭、林、藤井、天野、占部副会頭、皿谷専務理事、議員43名、石井常務理事、事務局9名 計59名
【概  要】
 当所が会員向けに提供している、PETがん健診サービスの提携機関の一つである、広島平和クリニック学術理事の廣川 裕氏を講師に迎え、「がんの診断と治療:最近の話題」をテーマに議員全員協議会を開催した。

 (要旨)日本人の死亡原因の約3割ががんであるが、現在がんの半分は治るようになってきた。これは画像診断による早期発見の増加や手術法や術後管理の進歩などが要因として考えられる。
 画像診断の中でも、PET検査は最先端のがん診断検査であり、特徴としては、がんの検出率が高いこと、苦痛が少なく放射線被ばくが少ないことが挙げられる。
 この検査に用いるPET装置と従来のCT装置を組合せたPET−CT装置を使用することで、がんの機能と形態を合せた画像診断が可能となり、非常に精密な検査ができるようになった。他のエコー検査、MRI検査等と、この検査を組合せることで、さらにがんの発見率が高まると考えられる。
 また、この検査は全体で約5時間で診断結果まで知らせることが可能で、多忙な経営者には向いていると思われる。
  広島平和クリニックでは、検査にこられた方に心地よく過ごしていただくよう、検査機器だけでなく待合室等の設備も充実させ、総合的に検査体制を充実させている。 以上

 続いて、(財)ひろしま産業振興機構福山支所 槇野 勝昭氏より、中小企業への公的支援施策である「新連携支援制度」について説明を受けた。



※7 第278回常議員会 (9/22)《総務課》

【出席者】菅田会頭、林、藤井、天野、占部副会頭、皿谷専務理事、常議員11名、監事2名、石井常務理事、事務局5名 計25名
【概  要】
 新入会員入会審査について審議し入会希望の20事業所(内特別会員1件)全件の入会が承認された。
 これにより、9月22日現在の会員件数は、4,846件になった。



FCCIライナー第401号 目次へ
 

ボットからトラックバックURLを保護しています