2013年11月25日
☆ 会議所の主な動き☆(11/15〜11/24)

1.11月議員全員協議会 (11/22)《総務課》
【出席者】林会頭、占部・赤松・松本副会頭、石井専務理事、議員49名、
福永理事・事務局長、事務局8名 計63名
【概 要】中国運輸局局長の小橋 雅明氏より、『中国地方の観光について』と題し、講話をいただいた。韓国・台湾をはじめ各国の外国人が日本を観光に訪れるようになり、外国人観光客は年々増加傾向にあるが、東京や京都といった大都市が主流で、地方はまだまだ少ないのが現状である。また、観光立国を産業振興の一環として掲げる国は、方策として団体旅行より個人旅行の促進を図り、国際会議や展示会の誘致に取り組み、質が高く、裾野が広い誘客を進めている。こうした背景を踏まえて、観光事業は街づくり事業と同じと考え、日本の街並みや風景を日本の良さとして充分にPRしてほしい。また、中国地方は、美しい多島美をもつ瀬戸内海や歴史を感じる神話や文化遺産に恵まれており、この観光資源を広域的につなげてPRしてはどうかと話があった。


2.第353回常議員会(11/22)《総務課》
【出席者】林会頭、占部・赤松・松本副会頭、石井専務理事、常議員20名、
福永理事・事務局長、事務局5名 計31名
【概 要】まず、議案第1号委員会委員委嘱について審議を行い、原案通り承認された。続いて、議案第2号新入会員入会審査について審議を行った。審議の結果、平成25年11月1日〜平成25年11月21日までに入会申し込みのあった10件(うち特別会員1件)について全件が承認された。これにより11月22日現在の会員数は5,038会員となった。

3.ふくやま卸売市場ふれあい祭(11/23)《産業課》

【来場者】11,000人
【概 要】開会式で、小川実行委員長((株)福山地方卸売場社長)が「福山卸売市場は、福山市民に安全で安心な食材を適正価格で提供できるよう日々努力している。ご好評につき、今年も市場関係者が総力をあげて、さまざまな催し用意したので楽しんで下さい」と挨拶。堀副市長、小林市議会議長の祝辞の後、林会頭他によるテープカットで開場した。開場前から多くの市民が並び、マグロの解体ショーや、セリ体験などのイベントや買い物を楽しみ、終日賑わった。


  
FCCIライナー第650号目次へ

  
福山商工会議所トップページへ