2014年02月25日
☆会議所の主な動き☆(2/15〜2/24)

1.平成25年度議員・創業永年会員・優良従業員表彰式(2/23)《会員課》
【出席者】林会頭、藤井・占部・赤松・松本副会頭、石井専務理事、福永理事・事務局長、
創業永年会員表彰・優良従業員表彰受章者、関係者 約1,500名
【概 要】リーデンローズ大ホールにて、羽田市長、小林市議会議長、松本名誉会頭を来賓に迎え、平成25年度議員・創業永年会員・優良従業員表彰式を開催した。
本年度は、3年に一度の議員表彰30名(10期特別3名、3期以降2期毎27名)をはじめ、創業永年会員164社、優良従業員593名(会員事業所より推薦のあった役員表彰1名、功績表彰6名、勤続表彰586名)の方々を表彰、表彰状と記念品を贈呈した。
式典に引き続き、アトラクションでは宮川大助・花子さんなど6組による漫才などを楽しんでいただいた。
表彰式終了後、アルセにて創業永年会員表彰受章者と当所議員計51名による懇親会を開催し、交流を深めた。


2.ふれあい寄席(2/23)《会員課》
【来場者】約1,800人
【概 要】当所会員と共済制度加入事業所の方々を対象とした「ふれあい寄席」を開催した。当日は好天にも恵まれ、開演前から大勢のお客さまの列ができ、開場を少し早めた。
出演者は6組で、広島県出身の若手漫才師フロントラインから始まり、今回は初めて東京所属の漫才師ザ・パンチが出演。ジャグリングのもりやすバンバンビガロは、大きな風船の中に全身が入るというパフォーマンスで会場を沸かせた。また、ケツカッチンは地元のスーパーマーケットが出てくるネタで笑いを誘い、後半は落語家の桂 文三が有名な演目「動物園」を披露、最後はおなじみのベテラン漫才師の宮川大助・花子が登場、夫婦ネタで終始笑いを誘い、会場は爆笑の渦に包まれた。


3.環境委員会(2/24)《産業課》
【出席者】石井専務理事、近本委員長、氏田副委員長、他委員9名、福永理事・事務局長、事務局4名
 計17名
【概 要】環境委員会を開催し、福山市のゴミ収集、減量化、再資源化等の現状と環境啓発活動について
福山市経済環境局環境部部長渡辺毅氏、環境啓発課長冨田良文氏よりご講話いただいた。
大量生産・大量消費・大量廃棄型の社会経済システムはゴミの排出量を増大させたが、近年はごみの発生抑制・リサイクルの推進により減少傾向にある。
福山市は国が定めた2015年度までの一般廃棄物の減量化目標を2009年には達成しており、今後も排出量削減に向け様々な取り組みを行っていく予定。
また、啓発活動として福山市リサイクルプラザ、次世代エネルギーパークへの見学バスの助成、ふくやまエコトライアスロンなどを行っている



  FCCIライナー第658号目次へ

  
福山商工会議所トップページへ