2015年02月25日
☆ 会議所の主な動き☆(2/15〜2/24)

1.平成26年度創業永年会員・優良従業員表彰式 (2/15)《会員課
【出席者】林会頭、藤井・占部・赤松・松本副会頭、石井専務理事、
福永理事・事務局長、創業永年会員表彰・優良従業員表彰受章者、関係者約1,300名
【概 要】リーデンローズ大ホールにて、羽田市長、小川市議会議長、松本名誉会頭、竹野参与を来賓に迎え、平成26年度創業永年会員・優良従業員表彰式を開催した。開式にあたり林会頭が式辞を述べた。
本年度は、創業永年会員143社、優良従業員662名(会員事業所より推薦のあった役員表彰3名、功績表彰8名、勤続表彰651名)の方々を表彰し、表彰状と記念品を贈呈。優良従業員を代表して、勤続55年表彰の福山鋳造(株)佐藤和之様が謝辞を述べた。
式典に引き続き、アトラクションでは、ザ・ぼんちなど6組による漫才、落語、マジックなどを楽しんでいただいた。表彰式終了後、アルセにて創業永年会員表彰受章者と当所議員による懇親会を開催し、交流を深めた


2.ふれあい寄席(2/15)《会員課》

【来場者】1,700

【概 要】当所会員と共済制度加入事業所の方々を対象とした「ふれあい寄席」を開催した。
出演者は6組。広島県出身の若手漫才師ボールボーイから始まり、銀シャリはボケ担当の鰻(うなぎ)和弘さんの苗字にまつわる苦労話、Mr.マサヒロは、来場者を舞台に招き上げて手品を披露した。また、ティーアップは「もしも結婚したら?」のネタで笑いを誘い、後半は客席参加型落語で定評のある桂 三風が来場者を巻き込んで「結婚式」の模擬披露宴を開催。最後はおなじみベテランのザ・ぼんちが登場し、息の合った掛け合いで、会場は爆笑の渦に包まれた


3.第5回ビジネス交流フェア(2/17)《産業課》

【参加者】主催・後援・協賛団体の会員事業所114社(参加者約215名)
【概 要】備後地域の企業が、企業間の人材・情報交流をはじめ新しいネットワークの構築(異業種交流)を行うことで、新しいビジネスチャンス拡大を図る場として福山ニューキャッスルホテルで開催した。
基調講演会では、京都試作ネット代表理事で、(株)クロスエフェクト 代表取締役の竹田正俊氏を講師に迎え、「企業連携で時代を切り拓く京都試作ネットの底力とは」と題して、京都試作ネットの誕生の背景や成功の秘訣についてお話しいただいた。
個別商談会では、27事業所が希望する事業所へ自社製品のPRをして、新しい取引先を開拓した。講演会後の名刺交換会(ビジネスマッチング)では、参加企業同士が自由に商談を行い、パンフレット等を示しながら販路拡大や共同受注の可能性などを話し合うなど活発な時間を過ごした。「取引に発展しそうな話ができた」「ネットワークをつくり、新たな展開に結び付けたい」など、好評のうちに終了した



  FCCIライナー第692号目次へ

  
福山商工会議所トップページへ