2016年02月25日
☆ 会議所の主な動き☆(2/15〜2/24)
1.第6回ビジネス交流フェア(2/16)《産業課》
【参加者】132事業所 244名
【概 要】地域産業の活性化に向け、備後地域の企業が人材・情報交流をはじめ新しいネットワークを構築することで、新たな連携・新商品開発やサービスの展開、販路開拓などビジネスチャンスを拡大する場として「第6回ビジネス交流フェア」を開催した。
今回は備後6市2町で組織される備後圏域連携協議会も協力し、また、昨年に続き、協賛の山陰地域からも多数参加があり、幅広い分野での交流が実現した。
基調講演会では、「町工場、地産地消型のものづくりへの挑戦」をテーマに東京都墨田区でレーザー加工や精密板金・プレス加工を営む(株)浜野製作所 代表取締役の浜野 慶一氏が講演。
墨田区は、規模は小さいものの多種多様な製造業が揃う町工場の集積地であり、その特性を活用し浜野製作所が中心となってものづくりのネットワークを形成している。産学官連携などの事業は、「直接売り上げにはつながらずメリットが無いようにも感じられるが、会社が傾かない範囲であれば取り組む価値は十分にある」と話された。
個別商談会・名刺交換会・交流会では、まず、個別商談会を行い、20ブースで32の商談が行われた。また、名刺交換会では、参加企業同士がパンフレット等を示しながら販路拡大や共同受注について話し合うなど活発に交流した。
参加企業からは、「見積依頼など取引に発展しそうな話ができた」「再度面談の約束をした」などの声があり、それぞれ成果のあるビジネスマッチングとなった


2.国際交流委員会(2/19)《総務課》
【出席者】松本担当副会頭、藤井副会頭、豊田國弘委員長、松葉副委員長、
委員5名、事務局5名  計14名
【概 要】今年度事業報告と来年度事業計画について協議した。まず、昨年9月に当所と広島経済同友会福山支部が合同で派遣した「マウイ親善訪問団 第5回友情の翼」について、マウイ日本人商工会議所との交流会、マウイ郡長表敬訪問、太平洋災害センターや風力発電の視察、マウイ・フェアパレード参加等についての報告と説明が行われた。続いて、5月のばら祭にあわせ訪問団の受け入れについて検討した。また、韓国・浦項商工會議所と引き続き友好交流を推進するとともに、経済分野での交流を図るための調査・研究を行うこと等が提案された


3.ばらの酵母菌で瀬戸内・福山の六次産業を醸すプロジェクト推進委員会第5回委員会(2/22)《産業課》
【出席者】専門家2名、委員17名、参画事業者7名、事務局3名 計29名
【概 要】今年度開催した委員会、部会、視察、福山六次産業研究会、市場調査等の事業報告を行った。専門家、委員、参画事業者からの意見等をまとめて日本商工会議所に報告する旨説明し、後の編集は事務局に一任いただくことを了承した。本事業は、当初の計画をほぼ実施することができた。
(1)ばらの酵母菌を応用して特色あるパンの製品化の可能性を示唆した。
(2)ばらの酵母菌の製パン用ドライ・イースト化に目途を付けた。
(3)地域特産品のマスカット・ベーリーAを原材料とするワインの製法を確立した。
(4)備後圏域におけるワイン消費動向調査の結果、地域のワインの需要は十分に高いことが確認された。また、販売方法や販売価格等についても方向性を示唆することができた。
(5)備後圏域1町6市で広域ワイン特区を申請、福山市が市制100周年記念事業として「ワイン列車の旅」を企画、福山六次産業研究会の開催など、本事業の進展に伴って、地域のワインに対する関心を高めることができた。
(6)新しくワイナリー事業に取り組む事業者を育成することができた。
(7)本事業推進委員会を中心として、自治体・企業・団体・大学・研究機関が協調してワインを核とする福山の六次産業活性化を支援するコミュニティーが形成された。
来年度は、本体事業1年目としてばらの酵母菌等を活用した福山ワイン・ばらパンの実用商品化と流通経路の確立に向けて取り組んでいく


4.地域貢献特別委員会(2/23)《経営課》
【出席者】占部副会頭、委員9名、事務局6名 計15名
【概 要】福山市立大学では、「大学の使命」のひとつに「地域に開かれた教育研究拠点として、地域の文化の向上に貢献するとともに、国際化時代に相応しい地域社会の実現に貢献する」ことを掲げており、大学と民間企業の連携による新技術の研究開発や新事業の創出といった産学連携による地域貢献、産学連携サロンの開催や商店街の活性化、空き家の活用、新商品の開発等々正課外の学外活動による学生だけの地域奉仕活動等々、さまざまな分野から実事例を挙げながら地域貢献活動についての講話をいただいた


5.国際ビジネス研究会平成27年度企画委員会(2/23)《産業課》
【出席者】松葉会長、役員3名、事務局4名 計8名
【概 要】平成28年度の海外視察研修について、候補地モンゴル、ラオス、インドネシア、ロシアの4国から、会員より回答数が多数であったモンゴルに決定した。日程は9月19日(月)〜23日(金)。行程、価格等、内容は今後旅行会社を決定後、検討していく



  FCCIライナー第726号目次へ

  
福山商工会議所トップページへ