2016年12月15日
☆ 会議所の主な動き☆(12/5〜12/14)

1.第3回総務委員会(12/9)《会員課》
【出席者】
藤井副会頭、占部副会頭、松本副会頭、内海委員長、藤本副委員長ほか委員9名、
小川専務理事、佐々木事務局長、事務局5名 計21名
【概 要】
はじめに、来年2月19日(日)に実施する平成28年度議員・創業永年会員・優良従業員表彰式の式次第、議員表彰、創業永年会員表彰事業所、役員表彰・功績表彰の審査、勤続表彰、記念品等、表彰状について協議し、承認された。表彰式アトラクション・ふれあい寄席の出演者は、(株)よしもとデベロップメンツの大木こだまひびき(漫才)、桂小枝(落語)、藤崎マーケット(漫才)、モンブラン(諸芸)、フリータイム(漫才)の計6組が了承された



2.福山港の機能強化に関する要望活動(12/14)《産業課》
【出席者】
枝廣福山市長、当所林会頭、JFEスチール(株)西日本製鉄所 吉居副所長、常石造船(株)佐藤常務取締役、事務局他3名 計7名
【概 要】
昨年度の福山港利用高度化検討委員会で取りまとめられた「地域産業の持続的発展を支える福山港の機能強化」について、湯崎広島県知事に要望活動を行った。
枝廣市長より要望書を手渡した後、福山市の現状と福山港の重要性、防災・減災の観点から耐震強化岸壁の2バース化の必要性を説明。当所林会頭からは、地域産業における港湾機能強化の必要性と公共岸壁の再編整備によりクルーズ客船誘致にも対応できること、さらに、福山港の利用者の立場から吉居副所長、佐藤常務より船舶の大型化に対応した大水深公共岸壁整備の必要性について説明した







  FCCIライナー第754号目次へ

  
福山商工会議所トップページへ