2017年01月25日
☆ 会議所の主な動き☆(1/15〜1/24)

1.第3回伏見町のまちづくりに係る勉強会先進地視察(1/21)《産業課》
【出席者】
地権者、事務局 計23名
【概 要】
1月19日開催のまちづくりに係る勉強会にあわせ、福山市と当所(TMO事業)の連携事業として、高松丸亀商店街を視察した。
勉強会で講演された高松丸亀町TMC(株)代表取締役 熊 紀三夫氏に案内いただき、同商店街の再開発ビルや街路を見学。定期借地を利用した小規模連鎖型の再開発で、A〜Gの7街区がそれぞれに整備され、ライフスタイルに合わせた役割を持たせている点が特徴である。また、デザインコードという約束事があり、従来8mだった街路をセットバックさせて11mに拡幅すること、商業は4階までとすること、来街者が休憩や滞留できるベンチの設置、自転車の通行禁止、駐輪防止のために店頭販売禁止などについて説明を受けた。 
最後に伏見町の再開発について、「最初に10年先を見据えた全体のゾーニングをしっかりと考え、周辺の施設との協力も必要」とのアドバイスをいただいた。




2.記念事業実施特別委員会(1/23)《総務課》
【出席者】
赤松副会頭、河本委員長、沖副委員長、委員7名、小川専務理事、佐々木事務局長、
事務局3名 計15名
【概 要】
福山商工会議所・松永商工会議所合併50周年記念事業について協議した。福山商工会議所と松永商工会議所は、昭和41年5月の福山市と松永市の合併に伴い、同年10月1日、商工会議所法の規定により松永商工会議所が解散して、当所に合併した。
委員会では、今年度50周年を迎えるにあたり、松永地区の方々に合併に至るまでのさまざまなご協力に感謝を表すという趣旨のもと、2月19日開催の「福山商工会議所 議員・創業永年会員・優良従業員表彰式」の中で、記念事業を実施することが決まった。‐庄蔽篭茲領鮖法崗庄覆里△罎漾廚離咼妊制作・放映、⊂庄蔽篭荼労者表彰、5念パンフレット「松永のあゆみ」の作成・配布などの内容が提案され、原案通り承認された。

 

 







  FCCIライナー第757号目次へ

  
福山商工会議所トップページへ