2017年08月07日
☆ 会議所の主な動き☆(7/25〜8/4)

1.「第1回労政委員会」(7/25)《経営課》
【出席者】
村上委員長、吉見副委員長、委員6名、小川専務理事、佐々木事務局長、事務局4名
計14名
【概 要】
広島労働局雇用環境・均等室働き方・休み方改善コンサルタントの三時 範裕 氏より、労働基準法の留意点、働き方改革とは何か、働き方改革の社会背景、働き方改革の必要性、働き方改革の取組、今後の働き方改革の動き、働き方改革に活用できる「職場意識改善助成金」の説明があった。




2.「第1回総務委員会」(7/28)《会員課
【出席者】
藤井副会頭、占部副会頭、赤松副会頭、松本副会頭、内海委員長、藤本副委員長、
委員7名、小川専務理事、佐々木事務局長、事務局5名 計20名
【概 要】
まず、平成29年度創業永年会員・優良従業員表彰式の運営の見直しを行った。会場をリーデンローズからエストパルクへ変更し、表彰式・アトラクションを行う。午後のふれあい寄席は今年度から開催しないこととなった。アトラクションへの招待者は、表彰対象事業所と表彰対象者のみとし、慰労事業として実施。創業永年会員表彰対象事業所の代表者と議員との懇親会は、ふなまちベイホールで行う。アトラクションは、出席者の多数決により、(株)よしもとデベロップメンツの提案が決定された。



3.「7月議員全員協議会」(7/28)《総務課
【出席者】
林会頭、藤井・占部・赤松・松本副会頭、小川専務理事、議員50名、佐々木事務局長、
事務局10名 計67名
【概 要】
福山市建設局 都市部長 神田 量三 氏と、都市部 都市計画課長 佐藤 展好 氏を講師に迎え、「地図で見るふくやまの現状と未来〜福山市立地適正化計画基本方針〜」をテーマに講話をいただいた。例えば、団塊ジュニアである現在42歳の人が75歳を迎える2050年頃の人口推計や、人口分布を見える化した地理情報システム(GIS)データを示しながら、福山市の課題や、対応策を述べた。福山市では、将来の商圏人口の分布等のデータを二次利用可能な状態でホームページに公開しており、人口減少時代の経営戦略の企画立案などに活用してほしいと呼びかけた。




4.「第394回常議員会」(7/28)《総務課
【出席者】
林会頭、藤井・占部・赤松・松本副会頭、小川専務理事、常議員25名、佐々木事務局長、
事務局4名 計36名
【概 要】
新入会員の入会を審査し、平成29年6月8日〜7月26日に申し込みのあった21件(うち特別会員3件)の全件を承認。これにより7月28日現在、5,247会員となった。
次に、「正副会頭と機械金属工業部会との懇談会」、「広島県『働き方改革』実践企業認定制度」、「福山駅前再生手法説明会」、「福山駅前等歩道空間活用社会実験」の概要を報告。最後に、当会議所事業関連報道、今後の行事予定や後援協賛事業について紹介した。




5.「福山商工会議所共済制度加入者ご優待バスツアー「マツダスタジアムでカープ応援観戦ツアー」(8/1〜3)《会員課
【参加者】
当所共済制度加入事業者120名(3日間)
【概 要】
当所共済制度(生命共済「福の山共済」、特定退職金共済、経営者年金)加入事業者対象の還元事業として、「カープ観戦応援ツアー」を実施した。対阪神タイガースの3連戦を観戦。参加された事業所の皆さまも喜ばれ、大変有意義な事業となった。




6.「8月記者会見」(8/2)《情報課
【出席者】
林会頭、藤井・占部・赤松副会頭、小川専務理事、佐々木事務局長、記者7名、事務局4名 計17名
【概 要】
まず林会頭より、当所景気観測調査7月分の結果報告を行った。総合DIは0.0と前月から3.3ポイント改善。林会頭は「今後3カ月先行き見通しもプラスになる予想ではあるが、依然として人手不足という大きな課題がある。これを解消するために当所は、会員のみなさまに働き方改革や生産性向上をしていただくよう努めたい」と述べた。
次に、事務局より、10月に開催するふくやま手しごと自慢市の出展者募集について広報を呼びかけた。
続いて、会員事業所の(株)アシスター 代表取締役 松井 稔 氏と企画室 金井 奈穂 氏より、「和装業界初のオンデマンドサービスによる着物の製作開始」について説明。「補助金を活用して導入した昇華転写機により社内一貫生産となり、最短3日でお客さまの手元にオリジナルの着物を届けることが可能となる。東京オリンピックで来日する外国人観光客も視野に入れ、いかに低コストで高品質なサービスを提供できるかが課題」と話された。





 

 

 

 


  FCCIライナー第776号目次へ

  
福山商工会議所トップページへ