2018年02月15日
☆ 会議所の主な動き☆(2/5〜2/14)

1.2月記者会見(2/6)《情報課》
【出席者】
林会頭、藤井・占部・赤松副会頭、小川専務理事、佐々木事務局長、記者11名、
事務局3名 計20名
【概 要】
正副会頭による記者会見を行った。まず林会頭が、景気観測調査1月の結果を報告。総合DIはプラス6.6と前月から0.8ポイント改善した。「製造業が伸び、大量受注に追いつかない等嬉しい悲鳴もある」と述べた。次に「第7回ユニバーサルフロアホッケー中国四国大会エフピコ杯」について、エフピコダックス(株) 代表取締役社長 且田 久雄 氏他より説明。「フロアホッケーは、障がいの有無に関わらず楽しめるスポーツ。2月10日の大会には当社社員も選手・ボランティアとして参加します。ぜひご来場ください」とPRした

 

 

 

 

2.商工会議所共同展示商談会「feel NIPPON 春2018」ワインプロジェクト出展
(2/7〜9)《産業課》
【出席者】
事務局2名、福山市1名、福山大学1名、参画事業者4名 計8名
【来場者】
約1,000名
【概 要】
福山市、福山大学、ワイナリー事業者とともに、東京ビッグサイトの商工会議所共同展示商談会「feel NIPPON 春2018」へ出展した。さんぞうの赤、スパークリングワインROSE、山野峡ワイン2種類のワインの試飲と、バイヤー等との商談、地域資源を活用した商品開発等の情報収集を実施。コストコやそごう、高島屋の商品購買担当者、ワインショップやレストランのオーナーも来場し、「スパークリングワインRoseのハーフサイズ(200ml)は飲み切りサイズでギフトにも向いている」と好評で、ワイン通で50歳代以降の方には山野峡ワインが人気だった


 

 

 



  FCCIライナー第793号目次へ

  
福山商工会議所トップページへ