2018年06月15日
☆ 会議所の主な動き☆(6/5〜6/14)

 

1.第404回常議員会(6/8)《総務課》
【出席者】
林会頭、占部・赤松・松本副会頭、小川専務理事、常議員24名、佐々木事務局長、
事務局4名 計34名
【概 要】
6月29日の通常議員総会に提案する平成29年度事業報告、一般会計ほか各種会計の収支決算が承認された。続いて、新入会員の入会を審査し、平成30年5月24日〜6月6日に申し込みのあった6件(うち特別会員2件)の全件を承認。これにより6月8日現在、5,264会員となった。最後に、当所事業関連報道を報告し、行事予定や後援協賛事業について紹介した。



2.福山駅前等歩道空間活用社会実験〜OPEN STREET FUKUYAMA2018〜
 (6/8〜10)《産業課》
【概 要】
福山駅前を中心とした公共歩道空間で、「ミチ」をきっかけにした楽しい「マチ」づくりの社会実験を開催した。
8日(金)は、雨天のためエリアを縮小しアイネスフクヤマ前のみで開催となったが、9日(土)・10日(日)は、天候に恵まれ、歩道にテーブルや椅子を設置し、バンヨリ(移動式マーケット)やテントの飲食店・雑貨店が出店した。また、芝生空間を利用したヨガ体験や、各エリアを回るまちなかスポーツテストも実施。通行客は、普段は通り過ぎる道でくつろいだり、おいしいものを食べたり、思い思いの休日を過ごしていた。また、備後福山ワイン振興協議会が、天満屋福山店の南側公開空地に出店。限定100個の福山ワインプロジェクトマーク入りのグラスで、ワインを販売。赤ワイン「SANZO NO AKA 2017」、「山野峡ワイン」スパークリングワイン「Rose」と生ハムとチーズのサラダも販売した。



3.福山赴任者倶楽部 6月例会(6/12)《産業課》
【出席者】
赴任者倶楽部会員23名、小川専務理事、事務局4名 計28名
【概 要】
今回は「ここがいいとこ お国自慢」をテーマに、今年度新入会のメンバー10名が自己紹介を兼ねて発表した。出身地の北海道北見市や東京、神奈川県相模原市、兵庫県宝塚市、佐賀県鳥栖市など、北海道から九州まで郷土色豊かな話題で交流を図った。
今後、赴任者の方々が福山のよき理解者となり、人的ネットワークが全国に広がることが福山にとっても大きな財産になると期待される。

 

 

 

 

 


  FCCIライナー第805号目次へ

  
福山商工会議所トップページへ