2018年08月06日
☆ 会議所の主な動き☆(7/25〜8/4)

 

1.「7月議員全員協議会」(7/27)《総務課》
【出席者】
林会頭、占部・赤松・松本副会頭、小川専務理事、議員50名、佐々木事務局長、
事務局9名 計65名
【概 要】
冒頭、豪雨災害で亡くなられた方々に黙祷を捧げ、林会頭が被災された方々にお見舞いの言葉を述べた。
福山東警察署 署長 川 契 氏を講師に迎え、「最近の治安情勢について」をテーマに講話をいただいた。川氏は、データを示しながら、特殊詐欺の認知件数・被害額、交通事故・窃盗犯・少年犯罪の発生件数などについて説明。さらに、福山市と「魅力とにぎわいのあふれる安心・安全な福山駅前のまちづくりに関する協定」を締結したことを報告し、福山駅前の再生事業が進む中、行政と警察が連携し、安全な街づくりを目指すと述べられた。最後に、福山東警察署のフェイスブックを紹介し、市民のフォロワー参加を呼びかけた


2.「第405回常議員会」(7/27)《総務課》
【出席者】
林会頭、占部・赤松・松本副会頭、小川専務理事、常議員24名、佐々木事務局長、
事務局4名 計34名
【概 要】
新入会員の入会を審査し、平成30年6月7日〜7月25日に申し込みのあった14件(うち特別会員2件)の全件を承認。これにより7月27日現在、5,226会員となった。
次に、「平成30年7月豪雨による被害状況等」、「2018年度(平成30年度)トビタテ学種!花開け学種!ふくやまグローカル人材育成事業壮行会」、「正副会頭と卸売商業部会との懇談会」、「第6回ものづくり岡崎フェア2018」の概要を報告。最後に、当会議所事業関連報道、今後の行事予定や後援協賛事業について紹介した


3.「労政委員会」(8/1)《経営課》
【出席者】
松本副会頭、村上委員長、藤井副委員長、委員7名、小川専務理事、佐々木事務局長、
事務局4名 計16名
【概 要】
講師の日本商工会議所 産業政策第二部 主任調査役 羽柴 秀俊 氏、主査 千葉 雅崇 氏より、「各在留資格の説明と政府の今後の方針について」をテーマに講演があった。外国人技能実習生制度の概要や技能実習の流れなど、一連の仕組みを説明、さらに日本商工会議所が要望として記した、「今後の外国人材の受入れのあり方に関する意見」、「専門的・技術的分野の外国人材受け入れに関する意見」を解説された。
続いて、広島県外国人技能実習生受入団体連絡協議会 会長、(協)技術者育成協力会 代表理事  松本 聡 氏、瀬戸内テック(協) 代表理事 藤井 寿人 氏より、当地域の技能実習生の受入れ現状、外国人就労の実態などを意見発表いただいた。委員からは提出書類の煩雑さ、受入対象業種に認定されるための対応、自社の外国人の就労に関する事例など、活発な意見交換が行われた


4.「正副会頭と一般工業部会との懇談会」(8/3)《総務課》
【出席者】
赤松副会頭、眸一般工業部会長、坂本副部会長、部会員6名、小川専務理事、
佐々木事務局長、事務局6名 計17名
【概 要】
正副会頭と一般工業部会との懇談会を開催した。一般工業部会から8社の代表者が出席し、自己紹介の後、意見交換が行われた。「人材確保」、「人材育成」、「事業承継」といった共通の課題が提起され、また、外国人の技能実習制度を利用している各社から、実態を伺った。当所への要望として、福山バイパス早期整備、福山港利便性の向上などがあげられた


 

 


  FCCIライナー第810号目次へ

  
福山商工会議所トップページへ