2007年02月26日
刑務所出所者等の就労拡大にご協力を!「協力雇用主」を募集しています <法務省>
 広島保護観察所では、保護観察を受けている人、刑務所や少年院を出た人などを雇用し、その立ち直りを助ける「協力雇用主」を募集しています。
 次の事項に協力可能な事業者の方は、ぜひ、協力雇用主として保護観察所にご登録をお願いいたします。

事業所見学会の受入れ:
就労への意欲を引き出すため、実際の職場等を見学させていただきます。

職場体験講習の受入れ:
就業への自信をつけるため、5日〜1ヵ月程度、実際の業務を体験させていただき、講習委託費(最大24,000円)をお支払いします。

雇  用:
雇用にあたって、どんな人か心配・・・というときは、3ヵ月以内の試用雇用(トライアル雇用)をし、月額5万円のトライアル雇用奨励金(平成19年4月1日以降は月額4万円になる見込み)を受け取れます。
また、身元保証人がいない本人が雇用者に業務上の損害を与えた場合、100万円を限度として見舞金が支払われる身元保証制度も利用できます。
※雇用保険等社会保険に加入していない事業者については、講習委託費、トライアル雇用奨励金の支給を受けることはできません。

申込・問合せ先:広島保護観察所 保護課 (広島市上八丁堀2−15)
             TEL:082−221−4603


 
FCCIライナー第415号目次へ

 
ボットからトラックバックURLを保護しています