2007年04月16日
福山商工会議所の動き(4/5〜4/14)【FCCIライナー420号】
行事名場所出席者
-4/5福山商工会議所女性会役員会当所2階会議室藤本書記
福山地域中小企業支援センター専門家移動相談会 in 松永「経理・税務編」当所松永支所片岡支所長他
退職金無料相談日当所2階相談室野島課長
福山フィンランド協会役員会当所第2応接室石井常務理事他
※1新入社員セミナー・2007(〜4/6)当所101会議室天野副会頭他
※24/9平成19年度汚染負荷量賦課金申告・納税説明会当所102会議室佐々木課長他
-正・副会頭会議福山ニューキャッスルホテル菅田会頭他
第28回経済行政懇談会福山ニューキャッスルホテル菅田会頭他
※3第41回福山青色学校当所102会議室加古川部長他
-4/11中小企業金融公庫相談日当所2階相談室石田課長
福山販売士協会役員会当所第2応接室佐々木課長他
第41回福山青色学校当所102会議室加古川部長
-4/12福山家具組合連合会平成19年度通常総会青冥佐々木課長他
-4/13松永親交会幹事会当所松永支所片岡支所長他
松永親交会4月例会当所松永支所片岡支所長他
第41回福山青色学校当所102会議室石田課長



※1 新入社員セミナー2007(4/5・6)《経営課》

【出席者】
  95名
【概  要】
 今年4月に、主に福山市内の事業所へ入社した新入社員を対象に、社会人としての基本的な心構え、ビジネスマナーを体得し、企業にとって期待される「即戦力社員」を養成することを目的に、2日間にわたってセミナーを開催した。
 初日は、3人の講師を迎え、福山市保健所 健康推進課 保健師 前田 朋子氏より「心とからだの自己管理」について、当所副会頭 天野 肇氏(天野実業(株)代表取締役社長)より「企業の求める人間像」、NTTマーケティングアクト中国研修インストラクター 梶原 活江氏より電話応対研修の講義があり、受講者は健康管理、社会人としての心構え、電話対応の実習などを学んだ。
 2日目は、広島県立歴史博物館 主任学芸員 鈴木 康之氏より「福山の歴史について」の講演があり、続いて、(株)ウィズネス コミュニケーション・アドバイザー 菓子田圭子氏より「ビジネスマナー講座」として、講義や実習を行った。
菓子田氏は、「前に踏み出す力」「チームで働く力」を社会人として身につけてほしい能力として挙げ、自分で考え、学び、失敗を繰り返さない「自律自走」のできる人が求められると話した。
 その他、社会人として意識しなければならない顧客意識、原価意識や安全意識などについて解説。4人1組、2人1組になってのロールプレイングも多く取り入れ、あいさつや名刺の受け渡し、敬語や謙譲語を使った話法の実習を行った。
 2日間を通して受講者は、学生時代とは違う社会人としての心構えや厳しさ、日頃使い慣れない言葉遣い、電話応対、接遇マナーなどの課題に取り組んだ。


※2 平成19年度汚染負荷量賦課金申告・納付説明会(4/9)《産業課》

【出席者】
  対象事業所57社のうち、35社38名
【概  要】
 汚染負荷量賦課金の納付義務者となっている企業、事業者を対象に、申告・納付の手続きに関する説明会を開催した。
 環境保全再生機構の担当者より、「公害健康被害補償・予防制度の概要及び平成19年度賦課料率について」「汚染負荷量賦課金の申告・納付について」「フロッピーディスク・オンラインによる申告手続きについて」の説明を受けた。
 平成19年度の汚染負荷量賦課金については、平成19年5月15日(火)までに当所産業課へ申告・納付する。

 ※汚染負荷量賦課金
   「公害健康被害の補償等に関する法律」に基づき、大気汚染による健康被害者を救済するため、医療費・障害補償費等の補償給付を行う制度。


※3 第41回福山青色学校(4/9〜5/11)全12回《経営課》

【出席者】
  52名
【概  要】
 中国税理士会福山支部派遣講師 税理士 浦上 修一氏を講師に迎え、商店や会社で経理実務を担当している方などを対象に「第41回福山青色学校〜12日でわかる簿記実務講座〜」を開催した。
 本講座は、簿記の基本的な仕組み、商取引の仕訳、記帳から簡易な決算書(損益計算書・貸借対照表)の作成について学習する簿記実務講座で、12日間(2.5時間/日)の日程により開催。


  FCCIライナー第420号目次へ


 
ボットからトラックバックURLを保護しています