2021年09月06日
【広島県】緊急事態宣言実施に伴う新型コロナ感染拡大防止のための集中的な対策の強化について(実施期間:〜9月12日)

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/2019-ncov/



広島県では、医療の体制が危機的状況になるとみており、さらなる人流の抑制を行うため、国に対して緊急事態宣言の適用を要請し、適用されました。改めて対策内容をご確認いただき、ご協力ください。




対策の概要:
1)外出の削減
  20時以降の外出はさらに削減すること
2)職場への出勤等
  事業の継続に必要な場合を除き、20時以降の勤務を抑制すること
3)飲食店等に対する要請
  酒類を提供する飲食店に対して、営業時間の短縮(5時から20時までとする)
  酒類の提供(利用者の店内持込を含む)は行わないこと
  飲食を主として業としている店舗において、カラオケを行う設備を提供している場合、
  当該設備の利用を自粛すること 
4)大規模施設等に対する働きかけ
【1000平方メートルを超える施設】
・5時から20時までの営業時間の短縮
 (生活必需物資の小売関係及び生活必需サービスを営む店舗を除く。)
  イベントを開催する(映画館の上映含む。)場合は、21時までの営業時間の短縮
・施設内での飲食につながる酒類提供(利用者による酒類持込を含む。)の自粛
【1000平方メートル以下の施設】
・イベントを開催する場合は、21時までの開催時間の短縮
・5時から20時までの営業時間の短縮
 (生活必需物資の小売関係及び生活必需サービスを営む店舗を除く。)
・映画館は、上映期間において21時までの営業時間の短縮
・施設内での飲食につながる酒類提供(利用者による酒類持込を含む。)の自粛









FCCIライナー第890号目次へ

福山商工会議所トップページへ